お金の取り扱い

皆様、こんにちは。

中小企業の輝く未来を支援するナビゲーター、株式会社ティー・エー・リンクの田中亮です。

 

東京都知事から「できるだけ自宅で仕事をしてください」と言われているだけありまして、電車内はいつも以上に空いていました。

 

コロナウイルスが蔓延する前と比べると、半分まで行かないけれど、30%減くらいかな・・・。

 

徐々に影響が出始めていることを感じながら、本日も出勤であります。

 

さてさて、本日のブログは「お金の取り扱い」について書かせていただこうと思っております。

 

営業マンは、お金の取り扱いには十分に気を付けなければならない。

 

人間ですから色々とミスをすることはありますが、お金に関するミスは絶対にしてはいけないと思い、私も日々仕事をしております。

 

でも、つい先日、お金に関するミスを危うく被りそうになるという事件が起こりました。

 

マンションを購入しまして、そのお支払いに関する手続きをしていた時のことです。

 

不動産会社から、支払いに関する手続きの書類として、「これを書いてください」と何枚か書類を渡され、妻が書いていた時のことです。

 

その書類の中に一枚、見覚えのある金額が書かれた書類がありました。

 

それは先日、「仲介手数料として××円をお振込みください」と言われて、先日振込を済ませた金額です。

 

妻が、「これは何のお金ですか?」と聞きましたら、「仲介手数料です」と言われたので、「いやいや、これは先日お振込みをしましたよね」と伝え、その営業の方もハッとされて、「そうでした、大変失礼しました」と言って、その書類を引き下げました。

 

人間ですから、誰でもミスはありますよ。

 

でもお金に関するミスは、絶対に後々トラブルになりますから、営業の方は絶対に気を付けたほうが良いですね。

 

どんな小さな金額であったとしても。

 

特に今回のような不動産ともなれば、購入する側からしたら一生の中で一番高い買い物をするわけですから、とりわけ気を付けなければいけませんね。

 

営業の仕事をされている方、どうぞご注意くださいませ。

 

f:id:mr_ryotan3:20200327080807p:plain

 

社会的信用がない・・・

皆様、こんにちは。

中小企業の輝く未来を支援するナビゲーター、株式会社ティー・エー・リンクの田中亮です。

 

さてさて、突然ではありますが、皆様にお伝えしたいことが・・・。

 

先日、マンションを購入いたしました!

 

マンションとは言いましても「団地」なのですがね。

 

以前このブログでも何度か、物件探しをしていますということは書かせていただいていましたが、ようやく購入をしまして・・・。

 

場所は、横浜です。

 

流山とか、所沢とか、玉川上水とか、いろいろと物件を見に行きましたが、横浜で住むことに落ち着きました。

 

実家が近くて、幼少期に育った土地ですしね。

 

だから色々と物件を見に行った結果として、「ほかの土地に住むことにしたら、後々になって『やっぱり横浜に家を買っておけばよかった・・・』って後悔するんじゃないか?」って考えまして、それで横浜市内に絞って、ここ数か月間は探していました。

 

新しもの好きの私ですから、「新築」「築浅」が良かったのですが、いまの私の状況がそれを許してくれませんでした。

 

創業したての私は、社会的な信用が無く、「フラット35」という比較的ゆるいローンさえも組むことができず、キャッシュで購入しか選択肢がありませんでした。

 

そうなると、「横浜に住む」「手元にある現金の範囲内で」となると、かなり限られてしまい、築何十年という物件しか選択肢が無くて、それで「団地」ということになりました。

 

幸いにして「リノベーション費用」については社会的に信用が無い私でもローンを組むことができましたため、購入した物件をフルリノベーションして新しくして住む予定です。

 

フルリノベーションをするものですから、引っ越しをするのは夏ごろになりますかね・・・。

 

それまでに色々と準備をしまして、夏からの横浜生活に備えたいと思います!

 

f:id:mr_ryotan3:20200327075423p:plain

 

会社法を勉強せねば

皆様、こんにちは。

中小企業の輝く未来を支援するナビゲーター、株式会社ティー・エー・リンクの田中亮です。

 

昨日のことですが、「株式会社ティー・エー・リンク 第1回定時株主総会を開催いたしました。

 

株主の方々に集まっていただいて、昨年度の事業報告と、今年度の経営計画についてお話をさせてもらいました。

 

この株主総会を開催するにあたり、いろいろと会社法の勉強をしたのですが、会社経営者として知っておかなければいけないことがたくさん書かれていて、「まだまだ勉強が足りないなぁ」と痛感しました。

 

例えば、「取締役会が設置されている会社」と「取締役会が設置されていない会社」の違い。

 

皆様は、分かりますか?

 

私は、取締役がいるならば取締役会と言うものを開催しなければならないものだとばかり思っていました。

 

でも、そうではなくて、取締役会を設置していない会社も存在するとのこと。

 

ちなみにティー・エー・リンクはというと、「取締役会を設置していない会社」です。

 

ずっと、「取締役会を設置している会社」だとばかり思っていたのですが、ティー・エー・リンクの定款に謳われていないこと、またそもそも、取締役会を設置する会社になるためには、取締役を3人置かなければいけないようで。

 

そんな違いがあることなんて、全然知りませんでした。

 

また、株主総会の議事録を残さなければいけないことも、法律で定められているようで・・・。

 

税務調査が入った際などに必要となるようですし、そもそも議事録の作成は会社法で義務付けられていることなので、もし怠っていたならば、100万円以下の罰金に処されることがあるようで・・・。

 

まだまだ色んな知らないことがたくさんありそうなので、引き続き会社法をきちんと勉強をして、経営者として成長をしていきたいと思っております。

 

f:id:mr_ryotan3:20200325081116p:plain

 

Vision

皆様、こんにちは。

中小企業の輝く未来を支援するナビゲーター、株式会社ティー・エー・リンクの田中亮です。

 

今日は、もともと予定されていたセミナーが中止となったため、1日オフィスでデスクワーク予定です。

 

良い天気ですね!

 

青空を窓から眺めながら、たまっているデスクワークを一気にやっつけたいと思います。

 

本日もどうぞよろしくお願いいたします。

 

さてさて、今回のブログでは、ティー・エー・リンクのVisionについて書こうと思っておりますので、お付き合いください。

 

いつもブログでは、「ティー・エー・リンクのMissionは『中小企業の輝く支援するナビゲーターとなる』です」ということを書いています。

 

これが、ティー・エー・リンクが目指す『ありたい姿』です。

 

この『ありたい姿』を実現させた状態というものを「Vision」として書かせていただいています。

 

ティー・エー・リンクのVision、それは「『経営計画=当たり前』の世界をつくる」です。

 

経営計画のことを、よく「未来会計」と私は呼んでいます。

 

それに対して「過去会計」というのが、会計事務所の方がやっておられる税金計算。

 

税金がいくらかを計算してもらって、納税をするということは、日本人の三大義務として定められている事柄ですので、非常に大事なことと言えます。

 

そのためにも「過去会計」は大事という訳ですが、対して「未来会計」は?というと、あまり取り組みをされない方が多いのが現状。

 

「これまで勘と経験でやって来れているから、大丈夫」

「なんとかなっているんだし、経営計画を立てなくても大丈夫でしょ」

 

そんな経営者の方が多いです。

 

でも、これからの時代は、予想しえない出来事がたくさん起こります。

 

いまの新型コロナウイルスの件もそうですし、オリンピックが延期したことによって景気がどうなるかもわかりませんし、いつ・どこで自然災害が発生するかもわからない状態です。

 

先行きが不透明だからこそ、最悪の事態も想定しつつ、じゃあ会社としてどのような方向性で行けばよいのか?をしっかり考えるという「経営計画」って必要なんです。

 

経営計画が立てられていれば、未然に「〇ヶ月後に資金がショートしそうだから、いまのうちから補填策を考えなきゃね」とか、「このままやっていっても目標には到達しないから、新たな策を考えなきゃ」とか、先を見据えられますよね。

 

経営計画が立てられていれば、安心して経営をすることができるんです。

 

過去会計が当たり前になっているように、経営計画を当たり前のものとしていき、中小零細企業の経営者が安心して経営が行える、そんな世界を、ティー・エー・リンクはつくっていきたいと強く思っており、これからどんどん行動して行きます!

 

f:id:mr_ryotan3:20200325075458p:plain

 

決算書が完成したタイミングには・・・②

皆様、こんにちは。

中小企業の輝く未来を支援するナビゲーター、株式会社ティー・エー・リンクの田中亮です。

 

前回のブログで、「決算書が完成したタイミングでは、改めて昨年度の振り返りをすると良い」ということを書かせてもらいました。

 

今回のブログは、その続きで・・・。

 

振り返りをする機会として、「定時株主総会を開くと良いと思います。

 

出資をしてくださっている方々に、決算の承認を得るということも含めて、昨年度の報告をさせてもらう。

 

報告をするということは、報告する側も内容について振り返りをすることができる絶好のチャンスと言えます。

 

同族の何人かに出資をしてもらっている場合でも、定時株主総会をやったほうが良いと私は考えています。

 

同族とは言え、会社にお金を入れてもらっている訳ですから、報告をする必要はありますし。

 

ただ、血縁関係がある同族が集まっての株主総会となると、感情がむき出しになって、とんでもない方向に議論が行ってしまって、収拾がつかなくなることがあります。

 

そんな時は、顧問してもらっている会計事務所の協力を仰ぐと良いでしょうね。

 

三者が入ることによって、とんでもない方向に行ってしまいそうな議論も、本選に戻すことができて、少しは滞りなく定時株主総会が行えるでしょう。

 

また、経営者が100%出資をしている場合には、取締役の方を集めて、1年間の総括をすると良いですね。

 

取締役会と言う形で。

 

どんな状況とは言え、決算書が完成した段階で、昨年度1年間を振り返ることは大切なことです。

 

それも、経営者1人で振り返りをするのではなくて、株主の方だったり、取締役の方であったり、会社経営という観点での近しい人と一緒に振り返りをすることを、オススメしたいですね。

 

f:id:mr_ryotan3:20200324080417p:plain



決算書が完成したタイミングには・・・

皆様、こんにちは。

中小企業の輝く未来を支援するナビゲーナター、株式会社ティー・エー・リンクの田中亮です。

 

昨日、お世話になっている会計事務所から、株式会社ティー・エー・リンクの決算書が届いた

 

損益計算書貸借対照表、勘定科目別明細などなどがファイルで綴じられていて、良く企業の決算書の分析をさせてもらう際にいただく資料が届いたのです。

 

「1年が終わったんだなぁ」と、しみじみとしてしまいました。

 

このタイミングで、改めて昨年1年間の経営について総括することは大事ですね。

 

経営計画を立てる際にも、昨年1年間の振り返りをした上で計画を立てているけれども、決算書がきちんと整理されたタイミングでもう1度振り返りをしてみることを、私は経営者の皆様にオススメしたいです。

 

なぜか?

 

決算書が完成するタイミングは、新しい年度が始まって2か月後。

 

新しい年度のスタートダッシュが切れているかどうかを効果測定するにはちょうど良い時期です。

 

経営計画を立てた際に抽出した課題に対して、いつまでに、誰が、どのように克服をしていくかを決めていると思うが、その進捗をチェックするには非常に良いタイミングです。

 

このタイミングで、課題に対する取り組みが全く進捗していないのであれば、恐らく今年度の終わりにも同じ課題を抽出することになるでしょう。

 

いまの段階では、まだかわいいレベルだったその課題も、もしかしたら取り返しがつかないほどの問題になってしまっているかもしれません。

 

そうならないようにするためにも、決算書が送られてきたタイミングと言うのは、昨年度を改めて振り返る良い機会ですので、経営者の皆様にはぜひ、改めて昨年度を振り返るということをおススメしたいです。

 

「決算書 フリー素材」の画像検索結果

日本一わかりやすい、決算書の読み方セミナー

皆様、こんにちは。

中小企業の輝く未来を支援するナビゲーナター、株式会社ティー・エー・リンクの田中亮です。

 

本日は、定番セミナーとなりましたビジネスパーソンであれば絶対に知っておきたい、決算書の読み方(貸借対照表キャッシュフロー計算書編)」を開催しました。

 

新型コロナウイルスの影響も考慮して、中止することも考えたのですが、ご参加いただく方から「開催してほしい」という要望もいただきまして、開催をさせていただくこととしました。

 

要望をいただいたら、「開催しない」という選択肢はないよね!

 

3名の方にご参加をいただいたのですが、皆様から「今日は非常に分かりやすかった」とアンケートにご記入をいただきまして、非常に良かったです!

 

たくさんいただいたご質問に、丁寧に回答させていただいたのが、良かったかな。

 

あまり専門用語を使わずにお伝えしていることも、「分かりやすかった」と仰っていただけた理由かなぁ。

 

今日ご参加いただいた方の中には、「顧問会計事務所から決算書をもらうけれど、送られてくるだけで説明はしてくれない」という方もいました。

 

会計事務所が決算書の説明をしてくれなかったら、経営者はどうやって財務諸表の読み方をマスターすれば良いんだろうね・・・。

 

決算書の読み方をマスターすることは、自分の身体のどこに不具合があるのを確認する術を身につけることと同じです。

 

不具合を放置すれば大きな病気になる可能性が高まるように、決算書の悪い部分を改善しなければ、会社経営が危ぶまれてしまいます。

 

決算書の読み方が分からないために、打つべき手立てが分からず、会社経営が危ぶまれるなんて言う、そんな悲しいこと、絶対になくしたい!

 

中小企業を元気にするためには、まずは決算書の読み方を分かりやすく伝えるところから始めるべき!と最近強く思っておりまして、「日本一わかりやすい決算書の読み方セミナー」を目指している、今日この頃であります。

 

f:id:mr_ryotan3:20200323235914p:plain

 

One Step Ahead(一歩先)

皆様、こんにちは。

中小企業の輝く未来を支援するナビゲーナター、株式会社ティー・エー・リンクの田中亮です。

 

今日は、中野 ⇒ 恵比寿 ⇒ 相模原という感じで、結構動きまわる予定の1日です。

 

今日が終われば、3連休です。 

 

張り切って行きましょう!

 

さてさて、今回のブログ「俺のバランスシート」は、「一歩先」について書かせていただこうと思っております。

 

新型コロナウイルスの影響で、倒産をしてしまった会社が相次いでいるようですね。

 

日経新聞によれば「9件」だとか。

 

神戸のレストラン船を運営していた会社ですとか、北海道の食品メーカー、愛知県や福島県の旅館、大阪の雑貨店やアパレル小売店など・・・。

 

もちろん、新型コロナウイルスだけの影響ではなかったと思う。

 

そんなに企業は、すぐには倒産しません。

 

これまでも経営が厳しい状況が続いていて、この新型コロナウイルスが追い打ちを掛けてさらに経営状況が厳しくなり、やむなく倒産せざるを得なかったという感じだと思う。

 

人は誰もがそうだが、目の前の状況が厳しくなると、どうしても目線が目前にしかならなくなり、少し先に目線をやるということが難しい。

 

経営者は、常に目の前と一歩先と、両方に目線を置いていなければならないが、資金繰りが厳しくなったり、何ヶ月も売上がダウンしたりしている状況にあると、どうしても目線は目前にしかならない。

 

だから、一歩先を見ることの大切さを経営者に教えてあげる存在が必要なのだと思う。

 

それも、経営状況が厳しくなる前に

 

経営状況が厳しくなるのには、何らかの兆候があるはず

 

その兆候をしっかりと教えてあげて、一歩先を見てどういう手立てを講じる必要があるのかを教えてあげたり、一緒に考えてあげたりする、そんな存在が必要なのだと思う。

 

新型コロナウイルスの影響で、何とかこれまで頑張って来れたものの、頑張れなくなってしまい、やむなく倒産をしてしまったというニュースを聞くのは、本当に辛い。

 

手立てが打てるうちに一歩先を見ることの大事さを教えてあげられる、ティー・エー・リンク(=私)はそんな存在でありたいと思い、今日も活動をしていきます!

 

f:id:mr_ryotan3:20200319080531p:plain

カタチにし、共有し、浸透させる!

皆様、こんにちは。

中小企業の輝く未来を支援するナビゲーナター、株式会社ティー・エー・リンクの田中亮です。

 

今日は日中、暖かくなるようですね。 

  

寒暖差が激しくて、体調管理や服装選びが難しいところですが、今日も1日頑張って行きましょう。

 

さてさて、今回のブログ「俺のバランスシート」は、「浸透効果」というテーマで書かせていただこうと思いますので、どうぞお付き合いください。

 

昨日、「経営デザイン」に関するセミナーに参加をさせて頂きました。

 

内閣府が「経営デザイン」に関する資料を出していることは存じ上げていたのですが、「見てみよう、見てみよう」と思いながら、全然見れていなくて・・・。

 

興味はめちゃくちゃあった中で、経営デザインに関するセミナーがあるという情報をキャッチしまして、それで昨日参加をさせて頂きました。

 

昨日セミナーに出て初めて知ったのですが、経営デザインシートの出どころは2つあるようですね。

 

1つは、私が存じ上げていた「内閣府」からのもの。

 

もう1つは、「経営品質協議会」というところからのもの。

 

昨日は、後者の「経営品質協議会」から出ている経営デザインシートの内容について学ぶセミナーでした。

 

この経営デザインの考え方の中で、根本にあるものというのが「何のために会社が存在しているのか」ということ。

 

つまりは、「経営理念」ですね。

 

何のために仕事をしているのか、どこに向かっているのかということを、これまでの人生や会社の歴史を紐解き、現状の分析を行ったうえで落とし込みをする。

 

その落とし込みのプロセスを1枚のシートにしたものが「経営デザインシート」というもの。

 

この経営デザインシートを活用して経営を行っておられる会社の事例をビデオで見せていただいたのですが、ちゃんと経営理念が社員に落とし込まれていて、それがきちんと行動として表れている状態になっていて、「経営理念を作成し、それを共有して、社員1人1人に浸透させる」というのは、こういうことなのだな!?ということが、よく分かりました。

 

これまで工場内が汚かったのに、経営理念が浸透することによって、5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)が推進され、きれいになったり。

 

どん底の状態にあった会社が、理念を社員に浸透させることによって、社員にやる気が満ち溢れて、一気に業績が回復するということになったり。

 

経営デザインシートを使うかどうかは別として、ちゃんとこうやって経営理念、ミッション、ビジョンなどなどをカタチにし、共有し、浸透させることが大事であるということを、いま一度、事例を通して認識ができた良い機会になりました。

 

経営理念を浸透させること、これは経営者の大切な仕事の1つだと私は思っています。

 

皆様の会社では、経営理念はカタチになっていますか?

 

経営理念を社員に対して共有し、そして浸透させる取り組みを、積極的に行われていますか?

 

いま以上に経営を良くするためには、欠かせないことだと思っていますので、ぜひぜひ経営者の皆様には、いまの自身の取り組みを振り返っていただければなぁと思います。

 

f:id:mr_ryotan3:20200318081150p:plain

「SDGs de 地方創生」体験記

皆様、こんにちは。

中小企業の輝く未来を支援するナビゲーナター、株式会社ティー・エー・リンクの田中亮です。

 

昨日、SDGs de 地方創生」というカードゲームでSDGsと地方創生について学ぶセミナーを受講してきました。

 

ゲームのルールを覚えることにちょっと時間が掛かってしまいましたが、非常に学ぶべきことが多い内容でした。

 

プレイヤー1人1人には役割が与えられて、私は「NPO」の立ち位置。

 

貧困や格差をなくして行くために活動をしていくことがミッションとして与えられました。

 

その他のプレイヤーも、「行政」であったり、「商店街の店主」であったり、「工場の経営者」など、さまざまな役割が与えれていて、それぞれミッションが与えられています。

 

そのミッションを達成させていくために活動をしていくわけですが、自分1人の力だけでは絶対にミッションが達成できない仕組みになっていて、他のプレイヤーといかに協業したり、ミッションを達成させていかなければならないようになっています。

 

そして、そのミッションを達成させることにより、街の環境が良くなることもあれば、環境が悪くなってしまうこともあって、環境が悪くなってしまうと、遂行したいと思う活動に制限が掛かってしまうということもあったりします。

 

現実社会でも、そのようなことって起こり得ますよね。

 

街を繁栄させようとして大企業を誘致したいと思ったら、それによって便利にはなるかもしれないけれど、町の商店が衰退してしまうことになってしまい、町の活性化が失われてしまうかもしれない・・・。

 

たくさんのことをやりたいんだけれど、国から与えられる予算は限られているし、リソースも限られているので、やれることには限りがある。

 

そもそも行政が何をやりたいかを一般市民は理解していないため、結局のところ「行政は行政、一般市民は一般市民」となってしまい、情報の共有がされない環境になってしまう。

 

そんな現実世界で起こりうる事柄に対して、自分自身はどのような活動をすればよいのかが、ものすごく良く分かり、体験できる内容となっていました。

 

なかなか言葉で伝えることは難しいのですが、ご興味持たれた方は、ぜひぜひこの「SDGs de 地方創生」カードゲームを体験していただきたいですね。

 

f:id:mr_ryotan3:20200317092017p:plain