喜ばせ甲斐がある

皆様、こんにちは。

中小企業の輝く未来を支援するナビゲーター、株式会社ティー・エー・リンクの田中亮です。

 

今日が5月の最終日です。 

 

皆様にとって、どんな1ヶ月だったでしょうか。

 

振り返りをして、明日から始まる6月に繋げて行きたいですね。

 

本日もどうぞよろしくお願いいたします。

 

さてさて、昨日は息子と二人で車でドライブに行ってきました。

 

妻はお留守番でした。

 

最近は埼玉県を走っている電車(武蔵野線とか埼玉高速鉄道など)ばかりを見せていたので、「最近あまり見ていない電車を見せよう!」と思い、東京都内へ向かいました。

 

向かった場所は駒込駅

 

山手線は、埼玉県内では絶対に見られませんからね。

 

息子の相棒であります「しまじろう」のぬいぐるみを抱えながら、駒込駅前の橋から20~30分ほど電車を眺めていました。

 

私たちと同じように電車を眺めていた親子が4組くらいいましたね。

 

この場所も、鉄道ビュースポットとして有名なんだろうなぁ。

 

湘南新宿ラインや山手線を眺めて、楽しんでおりました。

 

自宅に戻ってきたら、さっそくブロックで電車を作って、「やまのてせん~」と言いながら、遊んでおりました。

 

よっぽど嬉しかったのかね。

 

楽しそうに遊んでいる姿を見ると喜ばせ甲斐があるので、来週はどの電車ビュースポットに行こうかと、さっそく考えています。

 

親バカよね(笑)

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、ストライプ、屋外

1歳の誕生日

皆様、こんにちは。

中小企業の輝く未来を支援するナビゲーター、株式会社ティー・エー・リンクの田中亮です。

 

さて、本日5月30日は、株式会社ティー・エー・リンクの設立日です。

 

昨年の2019年の5月30日に産声を上げましたので、1歳になりました。

 

起業してから1年の生存率は約70%と言われておりますので、何とかその仲間入りができて良かったです。

 

3年後の生存率は50%だそうですので、次はそのポイントを目指し、生存側に行けるように頑張って行きたいと思います。

 

起業してからの1年も、色々な思い出がありましたね。

 

 

セレンディピティ(ビジネスコミュニティ)に参加して、再会を果たした方もいれば、初めて出会った方もいて、ここに参加することで今もビジネスが着々と広まっていっています。

 

会社の倒産を目の当たりにしたのはショックでした。こんなにも簡単に会社って終わって行くのだ・・・ということを経験して、かなりショックを覚えました。

 

MAP経営で「将軍の日」の講師をすることになったこと。こんなにも早く、あのセミナールームに足を踏み入れるなんて、しかも仕事をする機会ができるなんて、想像していませんでした。高山さんをはじめ、現在のMAP経営の皆様に感謝です。

 

色々と苦しい経験、辛い経験もありましたが、色んな方に出会えたという喜びと、経営者じゃないと絶対経験できなかったような気づき、仕事を依頼してくださった多くの皆様に対する感謝、プラスのことの方が多くて、本当にこの1年は充実していました。

 

2年目は、1年目の経験を活かしてステップアップできるよう、そうしてこれまで以上に関わる皆様に対して恩返しができるよう、精進するつもりです。

 

皆様、どうぞ宜しくお願い致します!

 

f:id:mr_ryotan3:20200529084320p:plain

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

〇株式会社ティー・エー・リンクのFacebookページ

   https://www.facebook.com/talink0530/

〇「T-A.Link Management College」(セミナー)のご案内

   https://t-a-link.peatix.com/

新型コロナウイルス関連の中小企業支援策パンフレット

   https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/pamphlet.pdf

〇株式会社ティー・エー・リンクが加盟している「助成金制度推進センター」

   https://sppo.jp/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

バリュー(価値観)はその人の行動を左右させる

皆様、こんにちは。

中小企業の輝く未来を支援するナビゲーター、株式会社・ティー・エー・リンクの田中亮です。

 

今週の締めくくりとなる1日ですね! 

 

今日は夕方に「ビジネスパーソンであれば絶対に知っておきたい、決算書の読み方(貸借対照表キャッシュフロー計算書編)」を開催します。

 

張り切って行きたいと思います。

 

皆様、今日もどうぞよろしくお願いいたします!

 

さてさて、今回のブログ「俺のバランスシート」は、「バリュー(価値観)はその人の行動を左右させる」について書かせていただこうと思います。

 

多くの皆様からお仕事の依頼を頂戴しております。

 

特に「補助金申請」関係。

 

直接「補助金申請を頼みたい」というご依頼をいただくこともあれば、会計事務所から「ウチのクライアントさんの補助金申請を手伝ってほしい」という依頼もあります。

 

本当にありがたいお話です。

 

補助金申請については、最初にヒアリングを1時間~1.5時間ほど行わせていただいて、それから半日~1日くらいかけてヒアリング内容を文章にして計画書を作成し、そして内容を確認していただくという流れでやらせてもらっています。

 

皆様から一様に言って頂きますのは、「あのヒアリングだけで、良くここまで書けるね!」とか、「これ(計画書)を見ていると、自分のやりたいことが整理されていく」という、お褒めの言葉です。

 

リップサービスも入っていると思うけれどね)

 

何でお褒めの言葉をもらえるのか・・・と考えてみたのですが、やはり当社のバリューでもあります「相手の立場になって物事を考える」だと思うんです。

 

ご依頼していただいたお客様は、もちろん補助金をもらって投資に充てて行きたい。

 

そうしたら、補助金をもらえるよう自分の事業のことを最大限アピールしますよね。

 

「どんな想いで事業をやっているのか」

「いま、現状をどう分析しているのか」

「今回の補助金をどんなことに使いたいのか」

 

などなど、一生懸命書いてアピールをしますよね。

 

お客様(申請者)の立場になって、自分だったらどうアピールするだろうか・・・をめちゃくちゃ考えて計画書を書いていることが、多くのお客様のお褒めの評価になるんだろうなぁと思います。

 

あとは、申請書を見る側の立場になっても計画書を作成することも気を付けています。

 

全て文章ですと読むのが付かれちゃいますから、グラフや写真を入れたり、強調したい部分にアンダーラインを引いたりなど、工夫するようにしています。

 

そうやって考えながら計画書を書いていることも、お客様に評価していただいているポイントなのかなぁって思います。

 

もし、この「バリュー(お客様の立場に立って考える)」がなければ、ヒアリングした内容をただ文章にしているだけで、工夫なんて一つも凝らさなかっただろうなぁ。

 

「バリュー」が自分の行動に影響を与えている、そんなことを実感した次第です。

 

上向きの矢印は効率をグラフ化します。3 D イラスト。 の写真素材 ...

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

〇株式会社ティー・エー・リンクのFacebookページ

   https://www.facebook.com/talink0530/

〇「T-A.Link Management College」(セミナー)のご案内

   https://t-a-link.peatix.com/

新型コロナウイルス関連の中小企業支援策パンフレット

   https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/pamphlet.pdf

〇株式会社ティー・エー・リンクが加盟している「助成金制度推進センター」

   https://sppo.jp/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

補助金申請の、「補助金をもらえる!」以外のメリット

皆様、こんにちは。

中小企業の輝く未来を支援するナビゲーター、株式会社ティー・エー・リンクの田中亮です。

 

さてさて、今回のブログ「俺のバランスシート」は、「小規模事業者持続化補助金の申請書を書いてみて」について書かせていただこうと思います。

 

お客様の小規模事業者持続化補助金の申請サポートを行っておりますが、私自身も、自分の会社で小規模事業者持続化補助金の申請書を書いています。

 

「T-A.Link Management College」の販路開拓を強化するために、『T-A.Link Management Collegeのブランディング化』に着手して行こうと思い、その事業を補助金申請しようと思っています。

 

補助金申請の書類を書いていると、自分のやりたい事柄の整理がされていき、戦略・戦術が構築されていきますので、すごく良いですね!

 

補助金がもらえるとはいえ、上限が100万円、最大で3/4の補助、しかもお金を先払いするということですから、資金繰りにも注意をしていかなければなりません。

 

経営の全般的な事柄の整理がされていきますので、補助金申請は絶対にオススメです!

 

私も、自分の会社の補助金申請を着手するにあたり、まず何が必要か?を考えました。

 

会社のHPにするか、T-A.Link Management Collegeのブランディング化にするか、迷いましたが、後者を選びました。

 

・会社のHPは販路開拓ではないため、小規模事業者持続化補助金の対象とはならない。

・営業導線(セミナー⇒計画立案⇒MAS監査)という流れを確立したい。

・HPは江東区の方でも補助金が出そう。

 

こんな理由から、今回はT-A.Link Management Collegeのブランディング化に着手して行くことにしました。

 

直近の申請はもう締め切り日が近いですので、いまからチャレンジすることは難しいですが、また10月締め切り分がありますので、まだチャレンジしたことが無い方は、ぜひぜひチャレンジをされてみてください!

 

補助金がもらえるというだけでなく、経営者の頭の中を整理することや、戦略・戦術の構築にも繋がりますので良いですよ!

 

利点の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

〇株式会社ティー・エー・リンクのFacebookページ

   https://www.facebook.com/talink0530/

〇「T-A.Link Management College」(セミナー)のご案内

   https://t-a-link.peatix.com/

新型コロナウイルス関連の中小企業支援策パンフレット

   https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/pamphlet.pdf

〇株式会社ティー・エー・リンクが加盟している「助成金制度推進センター」

   https://sppo.jp/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ギスギスした世の中にならなければ良いが・・・

皆様、こんにちは。

中小企業の輝く未来を支援するナビゲーター、株式会社・ティーエー・リンクの田中亮です。

 

一昨日のことです。

 

1席ずつ間隔をあけて座っている電車内に乗り、「空いてるから」と思って座ったら、隣に座っていたおじさんから咳ばらいをされました。

 

嫌そうな顔もされて・・・。

 

「別に悪いことをしている訳じゃないし」と思い、気にすることなく席に座り続けました。

 

でも、感じ悪かったなぁ。

 

「俺はソーシャルディスタンスを守っているのに、そこにずけずけと入ってきやがって!」みたいな感じ??

 

(妄想を膨らませすぎかもしれないが・・・)

 

もちろん、自分がコロナに感染しない、そしてコロナを人にうつさないという観点からソーシャルディスタンスを意識するのは大切なことだと思う。

 

でも、今回私が経験したように、過剰に意識をしてしまい、それゆえに表情や態度に出てしまい、それを相手が察知してしまうと、関係性がギスギスしてしまいますね。

 

(私の今回の経験の場合は、このおじさんと知り合いって訳ではありませんが)

 

「近寄るな」というオーラを出されたら、いくらコロナ禍とはいえ、気持ちが良いものではありませんよね。

 

だから過剰に意識するのではなくて、適切に意識をすることが大事だと思う。

 

そして適切に意識するということは人によって物差しが違うから、自分の正しさを相手に押し付けるのは良くない。

 

もしそれが難しいならば、電車の座席には座らないとか、人との接触を避けて生活をするとか、したほうが良いね。

 

緊急事態宣言が解除されたとはいえ、コロナが収束した訳では無いですから、感染しないような取り組みを続ける必要がありますが、その意識が過剰になり過ぎてしまって、ギスギスした世の中にならないようにだけは注意して行かないといけませんね。

 

f:id:mr_ryotan3:20200526081044p:plain

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

〇株式会社ティー・エー・リンクのFacebookページ

   https://www.facebook.com/talink0530/

〇「T-A.Link Management College」(セミナー)のご案内

   https://t-a-link.peatix.com/

新型コロナウイルス関連の中小企業支援策パンフレット

   https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/pamphlet.pdf

〇株式会社ティー・エー・リンクが加盟している「助成金制度推進センター」

   https://sppo.jp/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

オンラインとオフラインの併用、本格スタート!

皆様、こんにちは。

中小企業の輝く未来を支援するナビゲーター、株式会社ティー・エー・リンクの田中亮です。

 

今日は、息子の寝起きの機嫌が悪くて、お見送りをしてもらえず・・・。

 

ショックです(>_<) 

 

気を取り直していくとしよう。

 

本日1日も、どうぞ宜しくお願い致します。

 

月末となりましたので、隙間の時間を使って精算を始めたのですが、交通費が全然掛かっていません!

 

これまでは「万円単位」で交通費を使っていたのですが、5月はなんと「約5,000円」でした。

 

これで何とかやっていけるものなのですね (;^ω^)

 

その分、ZOOMやチャットワークの有料会員になったりして経費を使いましたが、それでも数百円、数千円程度の話ですので、交通費を何万円単位で使っていた時と比べれば、経費額は全然違います。

 

営業がストップして売上が思うように上がらなかった分、経費削減ができて、経営的には大助かり!

 

昨日緊急事態宣言の解除が発表されましたので、止まっていた営業をいよいよ再開させます。

 

新潟や群馬に行く予定も昨日入りましたので、5月と比べれば交通費は増えそうかな。

 

でもZOOMなどのオンライン会議システムを併用して、時間効率と経費効率の両面から、生産性向上を図って行きたいと思います。

 

セミナーも、今までは「リアルonly」で考えていたけれど、オンラインセミナーもどんどん開催して、リアルではお会いできない方々との接点を増やしていきたいなぁと思います。

 

オンラインとオフライン(リアル)を併用させる新しいスタイルでの仕事、今日から本格的にスタートさせて行きます!

 

f:id:mr_ryotan3:20200525214610p:plain

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

〇株式会社ティー・エー・リンクのFacebookページ

   https://www.facebook.com/talink0530/

〇「T-A.Link Management College」(セミナー)のご案内

   https://t-a-link.peatix.com/

新型コロナウイルス関連の中小企業支援策パンフレット

   https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/pamphlet.pdf

〇株式会社ティー・エー・リンクが加盟している「助成金制度推進センター」

   https://sppo.jp/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

 

「強み」と「機会」を掛け合わせて考えよう!

皆様、こんにちは。

中小企業の輝く未来を支援するナビゲーター、株式会社ティー・エー・リンクの田中亮です。

 

本日も電車に乗って会社に出勤しておりますが、明らかに徐々に出勤する方が増えていますね。

 

平常時とまではいきませんが、70%くらいって感じでしょうか。

 

第二波が来ることが無いように、私も気を付けながら過ごしていきたいと思います。

 

今日も1日、よろしくお願いいたします。

 

さて、もうすぐ6月に入りますが、6月になると「製造業」が経営危機にさらされるという報道がなされていますね。

 

特に大手企業からの発注を受けて仕事をしているような中小零細製造業。

 

4月・5月で大手企業が生産縮小に入っていますから、その影響で中小零細製造業の受注が少なくなってきています。

 

5月までは、2月や3月の売上分の入金があったでしょうから、なんとかしのげていたけれど、6月になると入金が少なくなるでしょうから(4月・5月分の売上減少によって)、「製造業は6月から厳しくなる」と言われているという訳です。

 

大手に頼らずに売上を上げる戦略が必要となってくるわけです。

 

昨日ニュースを見ておりましたら、既に工夫をはじめている会社もあるようですね。

 

食品サンプルを作っている会社が、その技術を生かして、マスクのゴムの代わりとなるようなバンド(マスクバンド)を作って、マスクを耳に掛けると擦れて痛い・・・って方向けそのようなものを作って販売をしているそうです。

 

また、車のボンネットの中にある配管を作っている会社が、配管を「曲げる」というそれまでの技術を生かして、「フェイスシールド」を作ったり。。。

 

工夫をすれば、色々と考えられるんですよね。

 

「次にどんな戦略を打てばよいのか・・・」が、実は意外に、日常の中に転がっていたりして。

 

日常の出来事を思いめぐらして、「自社の強み」と「市場で転がっているチャンス」をどう結び付けて新しい戦略を考えることができるかを、どんどん考えて、実行に移して、厳しい経営環境を乗り越えて行きましょう!

 

f:id:mr_ryotan3:20200525082211p:plain

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

〇株式会社ティー・エー・リンクのFacebookページ

   https://www.facebook.com/talink0530/

〇「T-A.Link Management College」(セミナー)のご案内

   https://t-a-link.peatix.com/

新型コロナウイルス関連の中小企業支援策パンフレット

   https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/pamphlet.pdf

〇株式会社ティー・エー・リンクが加盟している「助成金制度推進センター」

   https://sppo.jp/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

進む、子鉄化

皆様、こんにちは。

中小企業の輝く未来を支援するナビゲーター、株式会社ティー・エー・リンクの田中亮です。

 

曇り空からうっすらと日が差す感じの朝となりましたね。

 

今日も、寝起きの息子に窓から手を振ってもらいながら会社に出勤です。

 

エネルギーが湧いてきます!

 

今日も1日、どうぞよろしくお願いいたします。

 

さてさて、最近の休みの日の息子との過ごし方ですが、ゴールデンウィーク中にビデオカメラで撮影した動画を見ることに息子がはまっておりまして、その動画を見て過ごすことが日課となっています。

 

浦和美園駅に散歩に行ったときに撮影した動画なのですが、その動画の中には電車が映り込んでおりまして、その電車を見たいがために何度も何度もビデオを再生して楽しんでいます。

 

電車が出てくるシーンになると、「アッ、来た!!」と言って足をバタバタさせて興奮します。

 

最近見るテレビも、鉄道に関するものばかり。

 

「こどもちゃれんじ」をやっていて、定期的に送付されてくるDVDがあるのですが、電車が映り込んでいるものばかりを何度もリピートして見ています。

 

いまは緊急事態宣言でなかなか遠出ができないけれど、「緊急事態宣言が解除されて、かつもうすこしコロナが落ち着いたら、いろんな場所に行って電車を見ようね」と、家族3人で話しております。

 

どんどん「子鉄化」していっている、最近の息子であります。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

〇株式会社ティー・エー・リンクのFacebookページ

   https://www.facebook.com/talink0530/

〇「T-A.Link Management College」(セミナー)のご案内

   https://t-a-link.peatix.com/

新型コロナウイルス関連の中小企業支援策パンフレット

   https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/pamphlet.pdf

〇株式会社ティー・エー・リンクが加盟している「助成金制度推進センター」

   https://sppo.jp/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

誰かに仕事を依頼する時のポイント

皆様、こんにちは。

中小企業の輝く未来を支援するナビゲーター、株式会社ティー・エー・リンクの田中亮です。

 

さてさて、週明けにも首都圏の緊急事態宣言が解除されるというニュースが報道されていますね。 

 

今までのように・・・とは行かないでしょうが、それでも街にいくらかの活気が戻ることでしょう。

 

経済や経営を立て直すことと、引き続き感染に対する予防を怠らないこと、同時で進めて行くことが本格的に求められてきますね。

 

さてさて、今回のブログ「俺のバランスシート」は、「誰かに仕事を依頼する時のポイント」について書かせていただこうと思います。

 

仕事を誰かに依頼する時って、多くは「自分が忙しいから」だと思うんです。

 

これは間違っていることではありません。

 

自分に余裕がない時に、誰かに仕事を手伝ってもらったり、助けてもらったりすることは良いことだと思います。

 

ただ、誰かに仕事を依頼するのであれば、きちんと伝達であったり、引き継ぎを行ったうえで仕事を依頼しなければ、受ける側も戸惑ってしまって仕事が思うように進捗せず、全体的な生産性が下がってしまうということになりかねませんね。

 

仕事を依頼する側が、もうちょっと考えなければなりませんね。

 

例えば、AさんがBさんに仕事を依頼するとしましょう。

 

Aさんの仕事キャパシティが100だとして、100になってからBさんに仕事を依頼するのではダメですよね。

 

だって仕事キャパシティがいっぱいいっぱいな訳ですから、引き継ぎをしたり伝達をしたりする余裕がない訳です。

 

もしその仕事をBさんに依頼するのであれば、90の状態で依頼を掛けなければいけませんね。

 

もしBさんが、その仕事を以前も行ったことがあるのであれば、引き継ぎや伝達にそんなに多くの時間は必要ないでしょうから、90でOK。

 

でも、Bさんが初めてその仕事を行うのであれば、80くらいの段階でその仕事をBさんに依頼して、丁寧に引継ぎや伝達を行う必要があるでしょうね。

 

仕事を依頼する側(今回の例で言えばAさん)が、きちんと自分のいまの仕事の状態がどのくらいなのか?をきちんと分析を掛けられていないと、仕事を依頼したとしても、上手く行くことはないでしょう。

 

仕事を依頼する側の「セルフマネジメント」が求められるという訳です。

 

仕事の依頼をよくされる方は、ぜひ持ってもらいたい考え方です。

 

12月16日はフリーランスの日~企業がフリーランスを活用するメリットと ...

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

〇株式会社ティー・エー・リンクのFacebookページ

   https://www.facebook.com/talink0530/

〇「T-A.Link Management College」(セミナー)のご案内

   https://t-a-link.peatix.com/

新型コロナウイルス関連の中小企業支援策パンフレット

   https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/pamphlet.pdf

〇株式会社ティー・エー・リンクが加盟している「助成金制度推進センター」

   https://sppo.jp/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

いまのうちに、早めに手を打て!

皆様、こんにちは。

中小企業の輝く未来を支援するナビゲーター、株式会社ティー・エー・リンクの田中亮です。

 

先日、お客様のオフィスをご訪問した際のことです。

 

社長とご面談をさせていただいて近況をお伺いしましたら、売上が前年対比で20%ダウンという話をされており、「金融機関に融資のお願いをした」という話をされていました。

 

このまま決算月まで売上が20%ダウンの状態が続くと、せっかくこれまで稼いできた利益を全て吐き出してしまうこととなり、MAPシステムでその場でチャチャッとシミュレーションをしてみると、最終的には「利益=±0」というところまで行ってしまいそうな感じ。

 

売上が0になるということは考えにくい会社なのですが、社長はそうなることも想定して(=現預金が枯渇するかもしれないということを想定して)、早めに手を打たれたようでした。

 

最近でも、ロイヤルホストが多くの店舗を閉鎖することを決めたり、うどんすきの美々卯も関東の店舗を撤退するというニュースが報道されています。

 

倒産件数は1万件、休廃業などを含めると3.5万件近くになるのではないか?という予測も、帝国データバンクから出ていました。

 

ホント、大変な経営環境になってきています。

 

関西圏は昨日緊急事態宣言が解除され、関東圏や北海道も近いうちに解除されるでしょう。

 

とはいえ、新型コロナウイルス感染症の第二波が来るという予測もされています。

 

経済環境が戻ったら、「いままで通りの経営をすればよい!」っていうことではなくて、先を予測(=新型コロナウイルス感染症の第二波が来ることを想定)して、資金繰り含めた財務改善を経営者の皆様には早急に考えていただきたいですね。

 

私も、「いまお付き合いがある会社様は絶対に潰さない!」という覚悟を持って、支援をしていきたいと思います。

 

インナーチャイルド の写真素材・画像素材 Image 380412.

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

〇株式会社ティー・エー・リンクのFacebookページ

   https://www.facebook.com/talink0530/

〇「T-A.Link Management College」(セミナー)のご案内

   https://t-a-link.peatix.com/

新型コロナウイルス関連の中小企業支援策パンフレット

   https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/pamphlet.pdf

〇株式会社ティー・エー・リンクが加盟している「助成金制度推進センター」

   https://sppo.jp/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆