「何かを変える」ということは・・・

皆様、こんにちは。
「未知を道へ変えていく」、株式会社MAP経営福岡支社の田中です。

www.mapka.jp

 

今日は1日、福岡市内で仕事です。

 

午前中はお客様のところへ伺い、午後は福岡支社メンバーと会議。

 

今週1週間も、皆さま、よろしくお願いいたします!

 

さてさて、今日の朝のことですが、電車で通勤途中に、「マイナビ転職」の中刷り広告が目に飛び込んできました。

 

いま、マイナビ転職では、女優の宮崎あおいさんがイメージキャラクターをやっているんですね。

 

宮崎あおいさんが旅人の格好をして、こんなフレーズを言っている中刷り広告でした。

 

「変わることを恐れる人が多い社会より、何かを変えようという意思を持つ人が多い社会のほうが、よっぽど健全だと思う。」

 

確かに、その通りだと思います! 

 

当社のクレドにも「変化上等」という項目がありますが、何かを変えよう、そして変わろうという意思を持つ人が多くなればなるほど、いま以上に健全な社会になると私も思います。

 

でも、「逃げているだけではダメだよな」ということも同時に思いました。

 

何かを変えようという意思を持つならば、同時に、「覚悟」が必要であるということです。

 

いまの自分の境遇・環境が恵まれていないから、逃げるかのように自分の境遇・環境を変えることは、私はダメだと思う。

 

そんなことをし続けていたら、人間は成長しないし、結局単なる「自己保身」であって、何も変わらない。(どころか、マイナスだと思う)

 

何かを変えようと、まずは自分の境遇・環境の中で努力をしてみることが大事。

 

それでもダメならば、自分がおかれている環境をガラッと変えることもありなのかもしれません。

 

この広告から、いろいろと妄想をしてしまったわけですが、「この広告は、人が『自己保身」に走ることを助長していないだろうか・・・」と感じてしまった、月曜日朝の通勤途中でした。

 

f:id:mr_ryotan3:20180219085111p:plain

 

--------------------------------------

◎弊社代表、「未来をつくる経営者 浅野泰生のブログ」

   http://asanoyasuo.blogspot.jp/

◎弊社取締役、「安江のブログ」

   http://blog.livedoor.jp/patarironeo2/

◎「MAP経営」のセミナー・研修等のイベントページ

   http://www.mapka.jp/seminar

◎MAP経営福岡支社のLINEページ

   友だち追加

--------------------------------------

充足した気持ちをバネに

皆様、こんにちは。
「未知を道へ変えていく」、株式会社MAP経営福岡支社の田中です。

www.mapka.jp

 

今日は、近くのイオンまで、家族で歩いて行ってきました。

 

久しぶりに土日連日で良い天気だったので、今日は、いつもは車で行っていたところを、ベビーカーを押しながら、歩いて行ってきました。

 

本屋に立ち寄り、フードコートに行ってコーヒーを飲み、ゆっくりと時間を過ごしました。

 

イオンからの帰りに、目の前にある古墳公園に立ち寄って、小山の上まで登り、景色を堪能。

 

タワーマンションの隙間から博多方面を見ることができ、博多湾を望むことができました。

 

福岡空港に着陸していく飛行機の姿も見ることができました。

 

天神や博多から電車で25分~30分くらいのところで、便利でありながらも、古墳公園があって長閑で、住みやすい。

 

改めて、この環境の良さに、満足、満足。

 

さぁ、この充足した気持ちをバネにしながら、明日からまた頑張りますか!

 

--------------------------------------

◎弊社代表、「未来をつくる経営者 浅野泰生のブログ」

   http://asanoyasuo.blogspot.jp/

◎弊社取締役、「安江のブログ」

   http://blog.livedoor.jp/patarironeo2/

◎「MAP経営」のセミナー・研修等のイベントページ

   http://www.mapka.jp/seminar

◎MAP経営福岡支社のLINEページ

   友だち追加

--------------------------------------

にじみ出る感謝の気持ち

皆様、こんにちは。
「未知を道へ変えていく」、株式会社MAP経営福岡支社の田中です。

www.mapka.jp

 

平昌オリンピックが始まりましたが、皆さんは、ご覧になられていますか?

 

お隣の韓国で開催されていますから、時差がありませんので、注目競技は夜の時間にしっかり見ることができますね。

 

フィギュアスケートについては、基本的には午前中開催でした。

 

注目していた男子フリーは、昨日土曜日の開催でしたので、しっかりとLIVEで見ることができました。

 

羽生選手の金メダルの獲得、すごかったですね。

 

感動しました!

 

羽生選手は、これまでも注目していましたが、本当に礼儀正しいし、でも、変にペコペコしているのではなくて、会見やインタビューとかを見ていると自信を持っていることがわかるし、私よりも10コも年齢が下ですが、「すごいなぁ」と思っていつも見ています。

 

今回は、怪我をして、数か月も氷上から離れて、復帰戦がオリンピックということで、前回オリンピックチャンピョンでもあるし、様々なプレッシャーや不安があったとは思いますが、そんなことはまったく感じさせない、感動の演技でした。

 

演技が終わった後、金メダルが確定したときに、カメラに向かって「ありがとうございました」と心を込めて言っている姿にも感動しました。

 

おそらく、そんなにじみ出る感謝の気持ちが、私を含めた多くのファンの心をつかむのでしょうね。

 

オリンピック連覇を果たした羽生選手、次の目標は「4回転アクセル」と、インタビューで答えていました。

 

まだ誰もやったことがない「4回転アクセル」。

 

ぜひ頑張ってほしい、成功させてほしい! 応援しています。

 

--------------------------------------

◎弊社代表、「未来をつくる経営者 浅野泰生のブログ」

   http://asanoyasuo.blogspot.jp/

◎弊社取締役、「安江のブログ」

   http://blog.livedoor.jp/patarironeo2/

◎「MAP経営」のセミナー・研修等のイベントページ

   http://www.mapka.jp/seminar

◎MAP経営福岡支社のLINEページ

   友だち追加

--------------------------------------

背中で示す

皆様、こんにちは。
「未知を道へ変えていく」、株式会社MAP経営福岡支社の田中です。

www.mapka.jp

 

さて、今日は「背中で示す」について書こうと思います。

 

今年の年初は、「毎週1日は、福岡支社でデスクワークする日を設定しよう」と意気込んで、スケジュールにもそれを記入して、運用を始めていました。

 

1月は、しっかりと時間を確保することができたのですが、2月はなかなかそうもいかず・・・。

 

どうしても、現場に足を運んでしまいます。

 

まだまだ支社全体として、アクションが遅いし、やると決めたことがやり切れていない。

 

もちろん、言い続けてアクションを促すようにするものの、それでもまだ足りない。

 

行うべきアクションが共有されていないから、お客様にご迷惑を掛けたこともありましたし。

 

もちろん、福岡支社の2人を教育する役割もありますが、とはいえ、お客様満足の追及が最優先だし、福岡支社の目標をクリアすることが優先。

 

待っていたら、ミッションやゴールをクリアできないから、だから、早期アクションの促し、P-D-Sサイクルの高速回転を促しながら教育をやりつつ、自分も動くことにしました。

 

私自身も動いて、背中で示そうと思います。

 

まだまだ、ドッシリと構えて仕事をするっていうのは、10年早いのかもなぁ。

 

ということで、デスクワークは、平日の朝か夜、土日にやることにし、平日のデイタイムは、お客様のところに伺うことに専念することに決めました。

 

「背中で示す フリー素材」の画像検索結果

 

--------------------------------------

◎弊社代表、「未来をつくる経営者 浅野泰生のブログ」

   http://asanoyasuo.blogspot.jp/

◎弊社取締役、「安江のブログ」

   http://blog.livedoor.jp/patarironeo2/

◎「MAP経営」のセミナー・研修等のイベントページ

   http://www.mapka.jp/seminar

◎MAP経営福岡支社のLINEページ

   友だち追加

--------------------------------------

「守りの自分」を脱ぎ捨てろ!

皆様、こんにちは。
「未知を道へ変えていく」、株式会社MAP経営福岡支社の田中です。

www.mapka.jp

 

今日は、広島で1日仕事をさせてもらいます。

 

昨日は宮崎、今日は広島・・・、昨年以上に忙しく動いているなぁ、オレ。

 

もうちょっとドッシリ構えているつもりだったのですが、どうやら、そうは問屋が卸さないようです。

 

頑張りましょう!

 

さてさて、今日のブログは、昨日の続きで書いてみようと思います。

 

昨日は、お客様のお役に立とうと思ったら、もしお客様のニーズに合わない商品・サービスを提供してしまった時に、「ちょっと違いましたかね?」からの、「ちなみに、どんな商品・サービスだったらお役に立てそうでしょうか?」と踏み込んで聞いてみることが大事であることを書きました。

 

ブログを見て下さった方の中には、もしかしたら、こんな方がいらっしゃったかもしれません。

 

「私、踏み込んでそんなこと聞けません」

 

その気持ち、良く分かります。

 

だって、私も営業を始めた時には、そんな感じでしたから。

 

「ちなみに、どんな商品・サービスだったらお役に立てそうでしょうか?」と聞いた時に、自分が想定している答えと違う答えが返ってきた時や、自分には手に負えないような答えやリクエストが来た時に、対応できないのが怖かったので、踏み込んで切り返し質問ができなかったんです。

 

でも、最近、私は思うんです。

 

「それって、自分自身のエゴだな」と。

 

結局、自分がかわいいから、傷つきたくなくて、守りに入っちゃって、踏み込むことができないんですよね。

 

それって、お客様と本気で向き合えていませんよね。

 

目の前のお客様のお役に立ちたい、お客様を勝たせたいと思うのであれば、自分には解決できなくても良いから、まずは相手の望みやリクエストを聞くことが大事です。

 

そこで、自分が想定した答えが返ってくるなら、イメージ通りに切り返せば良いし、そうじゃなかったら、「宿題にさせて下さい」って言って、先輩や上司に相談すれば良いじゃないですか。

 

相談できる先輩や上司がいなかったら、私に相談してもらっても良いです。

 

とにかく、お客様のお役に立とうと本気で思うのであれば、「守りの自分」を捨てて、踏み込んで質問すれば良いと思います。

 

f:id:mr_ryotan3:20180215081743p:plain

 

--------------------------------------

◎弊社代表、「未来をつくる経営者 浅野泰生のブログ」

   http://asanoyasuo.blogspot.jp/

◎弊社取締役、「安江のブログ」

   http://blog.livedoor.jp/patarironeo2/

◎「MAP経営」のセミナー・研修等のイベントページ

   http://www.mapka.jp/seminar

◎MAP経営福岡支社のLINEページ

   友だち追加

--------------------------------------

どちらのスタンスですか?

皆様、こんにちは。
「未知を道へ変えていく」、株式会社MAP経営福岡支社の田中です。

www.mapka.jp

 

今日は、宮崎で1日仕事をさせてもらいます。

 

今日は、気温が16度とか17度まで上がるようですね。

 

朝はまだ寒かったのでコートを着用してきましたが、太陽が出てくるにつれて、グングン気温が上がってきて、コートがいらないくらいです。

 

花粉、飛び始めるかな・・・。

 

さてさて、今日は「お役に立てるスタンス」について書こうと思います。

 

昨日、福岡支社で毎週恒例の支社会議を行っていたのですが、ちょっとまだまだ「お客様の役に立とう」という意識が足りないなと感じました。

 

社会人1年目、2年目の社員が、お客様のニーズをつぶさに拾って、そのお客様のニーズにバチッとはまるような商品・サービス(カスタマイズすることを含めて)を提供することは、まだまだ難しいかもしれません。

 

会社が力を入れて売りたい商品・サービス、自分が「これなら上手に説明できる」という商品・サービスを、まずはお客様に提供するので、良いと思っています。

 

バチッとはまることもあれば、はまらないこともあるでしょう。

 

私は、それで良いと思っています。

 

でも、そこから先が肝心。

 

もしバチッとはまらなかった場合、お客様は「検討します」と言ったり、難色を示したりする訳です。

 

そこで、「ちょっと違いましたかね?」と言うように、踏み込んだ話ができるかどうかが、お客様のお役に立てるかどうかの分かれ目だと思っています。

 

「ちょっと違いましたかね?」と言える人は、その先の展開としては、「では、どんな商品・サービスがお役に立てそうでしょうか?」と言う話になるはず。

 

でも、それが言えない人は、「じゃあ、またご検討下さい」と言って引きさがり、本当にお客様が何で困っているのかを聞こうとしない。

 

それは、お客様のお役に立てているとは言えないでしょうね。

 

本気で目の前の人のお役に立ちたいのであれば、お客様を勝たせたいのであれば、真のお困り事を聞き出して、それに対して自分や会社や持っているネットワークが何が出来るかを考えて、お客様に提案しようとします。

 

皆さんは、いまは、どちらのスタンスですか? そして、今後はどちらのスタンスでいきたいですか?

 

f:id:mr_ryotan3:20180214100556p:plain

 

 

--------------------------------------

◎弊社代表、「未来をつくる経営者 浅野泰生のブログ」

   http://asanoyasuo.blogspot.jp/

◎弊社取締役、「安江のブログ」

   http://blog.livedoor.jp/patarironeo2/

◎「MAP経営」のセミナー・研修等のイベントページ

   http://www.mapka.jp/seminar

◎MAP経営福岡支社のLINEページ

   友だち追加

--------------------------------------

杓子定規なメッセージは、いらない

皆様、こんにちは。
「未知を道へ変えていく」、株式会社MAP経営福岡支社の田中です。

www.mapka.jp

 

先週末に誕生日を迎えまして、33歳の1年間をスタートしているのですが、ふと思ったことがありますので、今日はそのことについて書こうと思います。

 

Facebookでお祝いメッセージを頂けて、とても嬉しかったです。

 

気持ちを込めてメッセージを送って頂いた皆様には、本当に感謝しております。

 

この場を借りまして、改めて御礼申し上げます、ありがとうございます。

 

ただ、同時に思ったことが1つあるんです。

 

それは、「杓子定規なお祝いメールは、いらない」ということ。

 

「あなたの1年が、実り多きものとなりますように」のようなメッセージを頂いたりしました。

 

ありがたいんですが、「本当に、そう思っていますか?」とお聞きしたい。

 

しかも、私だけではなくて、他の人にも全く同じ、一言一句違わないメッセージを送っているのを見ると、「ちょっと、どうなのかな?」と思ってしまいます。

 

それならまだ「おめでとうございます」とか、「お誕生日、おめでとう」みたいな、簡単なメッセージの方が良いです。

 

私にとっては、1年に1回の大切な記念日です。

 

どうせ祝ってもらうのであれば、やっぱり、心を込めて、自分に向けたメッセージであるということが分かるようなメッセージをもらいたい。

 

だから、杓子定規で、気持ちがこもっているのかこもっていないのか良くわからないメッセージは、どうなの?って思ってしまう。

 

皆様は、いかがですか?

 

f:id:mr_ryotan3:20180214094421p:plain

 

--------------------------------------

◎弊社代表、「未来をつくる経営者 浅野泰生のブログ」

   http://asanoyasuo.blogspot.jp/

◎弊社取締役、「安江のブログ」

   http://blog.livedoor.jp/patarironeo2/

◎「MAP経営」のセミナー・研修等のイベントページ

   http://www.mapka.jp/seminar

◎MAP経営福岡支社のLINEページ

   友だち追加

--------------------------------------

手間を掛ける

皆様、こんにちは。
「未知を道へ変えていく」、株式会社MAP経営福岡支社の田中です。

www.mapka.jp

 

今日は、ドコモショップに行きまして、いま使用しているiPadの契約を解除しに行って来ました。

 

少し待つ時間がありましたので、本を読んで待つことに。 

 

先日「防衛大流最強のリーダー」を読み終えましたので、今日から新しい本を読み始めます。

 

「本気になって何が悪い」という、JR九州の会長である唐池恒二さんが書かれた本です。

 

JR九州の経営者として唐池さんが取り組まれたことについて書かれた本。

 

九州に住んでいなかったら、書店で手に取らなかったかもしれません。(そもそも、東京でこの本は売っていないかもしれません)

 

少しずつ読み始めているのですが、少し読み始めただけで、いろいろと気付きがありましたので、ちょっと触れておきたいと思います。

 

JR九州グループが手掛ける「JR九州フードサービス」という会社が、約1億円の赤字を2年連続で計上しようとしていた時、唐池さんはJR九州フードサービスの社長に就任。(どうやら、数年前までこの会社の社長をやられていたそうなので、再就任というのが正しい)

 

そのとき、現場では何が起きていたかと言うと、それまでは「手作り」にこだわってお客様に料理を提供していた現場が、外国から仕入れた冷凍ものの焼き鳥をそのまま提供したり、業務用のレトルトでカレーを提供する状態になっていたそうだ。

 

そこで唐池さんは、現場の店長たちを集めて会議を行い、「外食業はメーカーである」という言葉を店長たちに発したそう。

 

出来上がった商品を、何も手を加えずに販売するような小売業では無くて、仕入れた原材料を自らの手で加工したり組み合わせたりして付加価値の高い商品を作り出すメーカーであると言うことを、店長たちに伝えた。

 

この言葉に店長たちは奮起して、工夫を凝らしながら(人件費を極力抑えながら手作りにこだわった商品提供をする)、売上をV字回復させることに成功したそうだ。

 

どうしても、効率化を求めて生産性を向上させることに目が行きがちですが、お客様のことを考えれば、少しばかり手間を掛けることも必要なのかもしれません。

 

もちろん、お客様のお役に立たないようなことを手間を掛けてやるのは無駄ですが、お客様の役に立つ、相手を勝たせることに繋がりそうな手間であれば、惜しみなく掛けることが大事なのかもしれないと思いました。

 

まさに「お客様満足の追求」

 

売上を上げることに専念し過ぎるのではなく、「お客様満足の追求」に重きを置くということを念頭に置きながら、明日からまた1日1日頑張りたいと思います。

 

f:id:mr_ryotan3:20180212220237p:plain

 

--------------------------------------

◎弊社代表、「未来をつくる経営者 浅野泰生のブログ」

   http://asanoyasuo.blogspot.jp/

◎弊社取締役、「安江のブログ」

   http://blog.livedoor.jp/patarironeo2/

◎「MAP経営」のセミナー・研修等のイベントページ

   http://www.mapka.jp/seminar

◎MAP経営福岡支社のLINEページ

   友だち追加

--------------------------------------

結果にコミット

皆様、こんにちは。
「未知を道へ変えていく」、株式会社MAP経営福岡支社の田中です。

www.mapka.jp

 

3連休、あまり天気が良くないですし、寒いので、遠出はせずに、近くにお出掛けや買い物をしたり、家でまったり過ごしています。

 

毎週土日には欠かさない、「カンブリア宮殿」の視聴もしつつ過ごしています。

 

今回の「カンブリア宮殿」は、「ライザップ」が取り上げられていましたね。

 

現在、ライザップグループの年商は、1,000億円に到達する勢いだそうですね。

 

すごい!!

 

ライザップの瀬戸社長がターゲットにしている市場は、三日坊主という市場。

 

ダイエットにしても、英語にしても、ゴルフにしても、習おうと思って決心してもなかなか続かずに、三日坊主で終わってしまうことが多い。

 

一見、それぞれ別のビジネスに見えるけれども、「三日坊主」という視点で見れば同じ。

 

それで、この「三日坊主」という市場にターゲットを合わせて、そこに「目標達成」というサービスをあてることで、マーケットを作り出している。

 

そんな市場でビジネスをしているので、お客様を挫折させないことが大事となる。

 

だから、トレーナー育成に168時間を費やして、みっちりと知識を蓄え、お客様対応のロールプレイングやシミュレーションも行って、お客様に寄り添えるように、信頼してもらえるように、お客様と本気で向き合えるように訓練をするという。

 

「結果にコミットする」という言葉が、CMでも流れているし有名だが、この「結果にコミットする」とは、お客様が求めるものをきちんと提供するという意味だと言う。

 

市場・ターゲットの設定の仕方、お客様と本気で向き合うことの意味、今回はそんなことを学ばせてもらいました。

 

--------------------------------------

◎弊社代表、「未来をつくる経営者 浅野泰生のブログ」

   http://asanoyasuo.blogspot.jp/

◎弊社取締役、「安江のブログ」

   http://blog.livedoor.jp/patarironeo2/

◎「MAP経営」のセミナー・研修等のイベントページ

   http://www.mapka.jp/seminar

◎MAP経営福岡支社のLINEページ

   友だち追加

--------------------------------------

相手を勝たせる

皆様、こんにちは。
「未知を道へ変えていく」、株式会社MAP経営福岡支社の田中です。

www.mapka.jp

 

さてさて、今日は「相手を勝たせる」について書こうと思います。

 

以前もこのブログで書きました「防衛大流最強のリーダー」、読み終えました。

 

久しぶりに、「ズシッ」と心に刺さった、めちゃくちゃ良い、ためになる本でした。

 

一番最後に書かれていたことなんかは、とても今の自分に参考になりましたね。

 

筆者の部下が言った言葉が書かれていたのですが、その言葉が「お客様を勝たせなきゃいけないですよね」

 

その言葉を受けて筆者が、このように本の中で文章を続けている。

 

「お客様に喜んでもらうだけでなく、さらに勝たせ続けなければいけないと言うのである」

 

「要するに、お客様を勝たせるとは、お客様の業績向上の役に立たなければならないということである」

 

そこで、ふと、今年のMAP経営のテーマについて思い巡らされた。

 

今年のテーマは、昨年に引き続いて「お客様満足の追求」

 

「お客様満足の追求」って、つまりは、「お客様を勝たせる」ということなのだろうなと思った訳です。

 

つまり、MAS監査をガンガン獲得してもらうためのお役立ちを私たちが行っていくということ。

 

この本の中には、もう1つ、松下幸之助氏の「たらいの理論」について書かれていた。

 

「たらいに入った水を手で自分のほうにかくと、水はたらいをつたって外側ににげていってしまう。反対に水を前に押し出すようにかくと、水はたらいをつたって自分の方に返ってくる。」

 

自分たちのことだけを考えてはダメ。

 

まずはお客様のことを考えることを最優先にして、その結果として自分たちと言うように考えなければダメ。

 

追い込まれたりすると、つい「自分、自分」となりがちですが、そんなんじゃダメだということを改めて気が付かされた書籍でした。

 

f:id:mr_ryotan3:20180128201005p:plain

 

--------------------------------------

◎弊社代表、「未来をつくる経営者 浅野泰生のブログ」

   http://asanoyasuo.blogspot.jp/

◎弊社取締役、「安江のブログ」

   http://blog.livedoor.jp/patarironeo2/

◎「MAP経営」のセミナー・研修等のイベントページ

   http://www.mapka.jp/seminar

◎MAP経営福岡支社のLINEページ

   友だち追加

--------------------------------------