ご縁とネクタイを大切に

皆様、こんにちは!

中小企業の輝く未来を支援するナビゲーター、株式会社ティー・エー・リンクの田中亮です。

 

今日も1日、よろしくお願いいたします。

 

今日は麹町から仕事スタートしまして、その後は千葉に移動して、2件ご訪問予定です。

 

外気温に負けないくらいのアツい気持ちで頑張りたいと思います!

 

昨日、前職のMAP経営の同じ部署(東日本支社)で一緒に働いていた松山さんと食事をしていました。

 

田畑製作所の田畑社長と一緒に3人で。

 

その時に、「田中さん、起業おめでとうございます」という言葉と共にプレゼントをもらいました。

 

松山さんと、同じく前職の同じ部署で一緒に働いていた田之上さんの2人からのプレゼント。

 

中をあけてみたら、すごく良い色合いの、夏にピッタリの爽やかネクタイをいただきました。

 

「田中さんはいつも柄物のネクタイを付けている印象があったから、無地のものが良いかと思って・・・」ということで、水色無地のネクタイをいただきました。

 

確かに、これまであまり無地のネクタイは着用したことがありません。

 

「そんな細かいところまで見ていたのか!」とビックリしました。

 

私のことを考えてくれたプレゼント、大切に使わせてもらいたいと思います。

 

いろいろあって前職を退職することになりましたが、それでもこうやって繋がっているって、すごいことだと思います。

 

ただ単なる上司・部下の関係ではなく、こうやって繋がっているというのは。

 

ですね。

 

ネクタイとともに、このご縁も、これからも大切にしていきたいと思います。

 

f:id:mr_ryotan3:20190626093953j:plain

俺のDNA

皆様、こんにちは!

中小企業の輝く未来を支援するナビゲーター、株式会社ティー・エー・リンクの田中亮です。

 

先日のお休みを利用しまして、越谷にありますレイクタウンイオンモールに行ってきました。

 

自宅近くにも大きなイオンモールがありますが、比じゃないくらい大きくて、「1日いても飽きないなぁ」と感じるくらいでした。

 

いろいろ買い物ができて、フードコートも広くてお店もたくさんあり、子供を遊ばせたり預けたりすることができる施設もあります。

 

なかなか充実していました。

 

今後もちょくちょく通いたいと思います。

 

今回越谷のイオンモールまで足を運んだ理由としては、息子の靴を購入するためでした。

 

息子は私に似てしまいまして、偏平足なんです。

 

土踏まずが無い、真っ平らな足をしています。

 

しかも足も細めのため、量販店ではあまり合いそうな靴もなくて、専門のお店で靴を購入するために、越谷まで行ったというわけです。

 

ちょっと特殊な靴ということもあり、値段も張りましたが、ちゃんとフィットした靴で健康的に育ってほしいと思い、購入することを決断。

 

(なんと、1足5,000円近くします!!)

 

購入した靴で、元気に、楽しそうにイオンモールを走り回ってくれたので、良かったです!

 

足の形もそうですし、どうやら赤い色も好きなようで(よく街中で赤い車や看板を見ると指をさしてアピールしてきます)、私のDNAが確実に息子に受け継がれているようです。

 

(私も、赤い色が好きでして)

 

そんな息子と楽しんだ休日2日間をエネルギー源として、今週1週間も頑張ろうと思います!

 

ãéºä¼ãããªã¼ç´ æãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

俺の叱り方

皆様、こんにちは!

中小企業の輝く未来を支援するナビゲーター、株式会社ティー・エー・リンクの田中亮です。

 

昨日は少し肌寒い陽気でしたが、今日は日が差して、暑い1日になりそうです。

 

水分をこまめに補給しながら、今日も1日がんばりましょう!

 

さて、本日のブログ「俺のバランスシート」は、「俺の叱り方」について書かせていただきたいと思います。

 

私は、あまり両親から怒鳴られた記憶がありません。

 

もちろん悪いことをして怒られたことはあるのですが、怒鳴られたり、罵声を浴びせられたりした経験がありません。

 

だから、怒られ慣れていないのだと思います。

 

先日、ある方からご指導をいただくことがありました。

 

私のためを思って指導していただいたのはありがたかったし、感謝しています。

 

でも、なんか心の中に引っかかるものがあって・・・。

 

「何でなのだろう・・・」って考えていたら、一つのワードに引っかかっていたのだと気が付きました。

 

何かというと「お前」というワード。

 

もちろん誰かと会話をしているときに、「お前」という言葉を使われたことはあります。

 

でも、相手の表情を見れば、「お前」というワードを、どういう感情で使っているのかはわかります。

 

私自身も、話している相手に対して「お前」って言葉、使ったことありますしね。

 

(前職の福岡支社勤務時代に、部下2人に対してちょこっと使っていたりしたかも・・・)

 

でも、強い怒りの感情なり、我を忘れて怒鳴りながら「お前」って言葉を使ったことは無いです。

 

自分が言われたりやられたりして嫌なことは、人にはしないですね。

 

怒らずに叱ることは大事ですが、自分が叱られて感謝の念を抱けるような言葉遣いや表情で、然るべき時に叱ることをしていきたいと思います。

 

f:id:mr_ryotan3:20190625120133p:plain

 

コンサルタントとしての鉄則

皆様、こんにちは!

中小企業の輝く未来を支援するナビゲーター、株式会社ティー・エー・リンクの田中亮です。

 

本日は、恵比寿から仕事スタートです。

 

皆様、今日も1日頑張っていきましょう! よろしくお願いいたします!

 

さてさて、今回のブログ「俺のバランスシート」は、コンサルタントとしての鉄則」について書かせていただこうと思います。

 

昨日、お世話になっている企業様のコンサルティングをさせていただいておりました。

 

そこの代表の方から、「田中さんは、巻き込む力がありますよね」とお褒めの言葉をいただきました。

 

大変、嬉しかったです。

 

私自身は、そこまで巻き込む力があると実感はしていないのですが・・・。

 

ただ、コンサルティングをさせていただく際に1つ気を付けていることがあります。

 

それは何かというと、「お相手の方や、お相手の企業に関心を持つ」ということ。

 

よくコンサルティングを行う際には「『ヒアリング力』が大事だ」と言われます。

 

でも、テクニカルにヒアリング力を鍛えたところで、私はダメだと思うんですよね。

 

テクニカルなことって、結局相手にわかってしまうから。

 

そうじゃなくて、「お相手の方のことを知りたい」、「お相手の企業のことについて知りたい」という気持ちを持てるかどうかが大事だと思うんですよね。

 

「もしその気持ちを持つことができないならば、もしかしたらコンサルタントとして大成することはできない」とくらい思っています。

 

そんなことを言ってはいますが、私もまだまだ未熟ですがね・・・(笑)

 

でも、人と付き合うときの鉄則だと思うんです。

 

相手に関心を持つとか、相手のことを知りたいという気持ちを持つとか。

 

この気持ちはこれからも忘れずに持ち続けて、お客様のお役に立てる仕事を引き続き行って、精進いきたいと思います。

 

ã対話ãããªã¼ç´ æãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

言葉にすることの逆効果

皆様、こんにちは!

中小企業の輝く未来を支援するナビゲーター、株式会社ティー・エー・リンクの田中亮です。

 

今日は1日、浜松でお仕事をさせてもらっていました。

 

お客様に喜んでいただけて、良い仕事ができた1日でした。

 

さぁ、東京・・・じゃなくて、埼玉に帰るぞ!!

 

さてさて、本日のブログ「俺のバランスシート」は、「言葉にすることの逆効果」について書かせていただこうと思います。

 

昨日、横浜の泉先生の事務所に伺わせていただきまして、その後、お食事にお誘いいただきました。

 

元MAP経営の社員の何人かと。

 

「社長、しっかりね」と激励をいただき、「精進せねば!」と思って、今日も1日頑張っておりました。

 

色々とお話を伺っておりまして感じたことは、「言葉にしたことによる大変さ」

 

クレドを作って、「ミッション」「ビジョン」「バリュー」を明確にしたものの、これらを明文化することによって、言葉に書かれている事柄の先(深い部分)を感じ取ることがなくなってしまう可能性があるということ。 

 

確かに、言葉になることによって、単語の意味・意義が分かるようになります。

 

例えば、以前のMAP経営のクレドの中に「自己発信力」というバリュー項目がありました。

 

言葉(解説文)は、「私たちは、いかなる情報も発信することで、新たな価値を創り出します」でした。

 

なんとなく、何をすればよいか分かりますね。

 

「『自己発信力』とは、情報を発信すればよいのだな」と感じてしまうでしょう。

 

1stステップとしてはそれでよいかもしれませんが、中堅社員がこの考え方じゃダメでしょうね。

 

「価値とは何なのだろうか?」とか、「新たな価値を創り出す情報って、なんなのだろうか?」とかを考えなければダメでしょうね。

 

言葉にすることも大切だけれど、でも前述のとおり、言葉にしてしまうと、その言葉をそのまま捉えてしまって、そこから先の深い考え方をしなくなってしまう・・・。

 

なかなか難しい話です。

 

経営者として、これから、このような壁にどんどんブチ当たっていくのだろうなぁ。

 

まぁ、辛いこともあるかもしれないけれど、壁をも楽しんでいこうと思います!

 

ãä¹ãè¶ãããå£ ããªã¼ç´ æãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

人が定着する会社づくり

皆様、こんにちは!

中小企業の輝く未来を支援するナビゲーター、株式会社ティー・エー・リンクの田中亮です。

 

今日はこれから、広島空港から羽田空港へ移動です。

 

移動後は、東京と横浜で活動予定です。

 

皆様、本日も1日、よろしくお願いいたします。

 

さて、本日のブログ「俺のバランスシート」は、「人が定着する会社づくり」について書かせていただこうと思います。

 

今日の日経新聞を読んでいましたら、「中小企業 脱・新卒頼み」という記事が出ていました。

 

大学生や大学院生の中小企業求人倍率が8.62倍と言われていますので、競争が激しいですから、なかなか新卒人材を確保しようと思っても難しいのが実情ですね。

 

だから、仕事を社外に任せたり、定着しやすい組織を作ったりする動きが広がっているという記事が、この「中小企業 脱・新卒頼み」という記事でした。

 

日本茶の包装パッケージを製造している企業が、クラウドワークスを使って、社内に足りないリソースを補完して、効果を感じているということが書かれていました。

 

確かに人を確保するだけでなくて、人を雇い続けることも大変な時代になっていますから、こうやって社外に仕事を任せるってことを考えることは、大事なことですよね。

 

また、定着しやすい組織づくりという点に関しては・・・。

 

都内で焼肉店をチェーン展開している企業が、社員の離職に悩まされていたため、社内調査を行ったところ、「他の人に自分の会社を勧めたいか」という会社推奨度の低い人が、労働時間の長さや給与に不満を持っていることが分かったため、いろいろと社内ルールを変更したら、「仕事がやりやすくなった」という声が社内から上がり始めたそうだ。

 

いかに現在の社員に、これまで以上に遣り甲斐をもって仕事をしてもらえるかを考え、それを実行に移すことが大事ですね。

 

どうやったら定着する会社を作ることができるか、そのためにいま私が何をしなければならないか・・・。

 

「やっぱり理念経営の実践なんだろうな」とか、「ビジョンをもっと明確にしなきゃな」とか、いろいろと考えている、広島から東京へと移動中の飛行機内でございます。

 

ãå®çããä¼ç¤¾ãããªã¼ç´ æãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

俺の仕事を受ける基準

皆様、こんにちは!

中小企業の輝く未来を支援するナビゲーター、株式会社ティー・エー・リンクの田中亮です。

 

昨日から、広島にお邪魔しております。

 

久しぶりですね~。

 

今日は、マツダスタジアムで試合があるみたいで、お昼ごろからカープのユニフォームを着た方がたくさんいらっしゃいます。

 

今日の夜は、広島駅界隈、盛り上がるんだろうな~。

 

さてさて、今回のブログ「俺のバランスシート」は、「俺の仕事を受ける基準」について書かせていただこうと思います。

 

起業してまだ間もない時期というのは、どんな案件でも取りに行こう!って必死になる時期ですよね。

 

いまの私が、まさにそんな感じ。

 

でも、何でもかんでも仕事を取りに行ってしまうと、後々になって後悔してしまうかもしれません。

 

何が何でも仕事を獲得したいがために、安売りしてしまったり、本当はやりたくないって仕事も受けてしまったり・・・。

 

ちゃんと自分の価値を定めて、お客様にご提案をすることが大事。

 

だから私も、極端な値引きはしません。

 

もちろん、お客様との価格交渉はあります。

 

「もうちょっと、安くしてくれないか・・・」という。

 

でも、ちゃんと自分の仕事の原価を定めていますので、そこを割り込むようなことは絶対にしません。

 

また、自分が「やりたくない」って仕事も受けないようにしています。

 

「やりたくない」こととは、ティー・エー・リンクの理念や自分の理念に反するようなこと。

 

中小企業支援のナビゲーターですから、経営者に寄り添うことはするものの、指導をしたり、寄りかかられて何でもかんでも請け負いますっていうようなコンサルティングは絶対に行いません。

 

そんな案件、最近、ちょいちょいあるんですよね・・・。

 

自分や会社の軸がしっかりしていれば、後々になって後悔するような仕事を受けることはないでしょうね。

 

「いまの自分にはできないけれど、頑張ればできるかも・・・」っていう仕事は、積極的に取りに行ったほうが良いです。

 

その時も、価格は安くせずに、掛かりそうな原価や費用を見積もって、正当な対価をお客様に対して請求したほうが良いですね。

 

「勉強させてもらいます」って方、いますけれど、精いっぱい行うわけですから、勉強する必要はないと思います。

 

私と同じく、起業したての経営者の皆様、何かのご参考になれば幸いです。

 

é¢é£ç»å

俺の「経営資源」

皆様、こんにちは!

中小企業の輝く未来を支援するナビゲーター、株式会社ティー・エー・リンクの田中亮です。

 

昨日は「父の日」でしたね。

 

世の中のお父様方は、嬉しい1日だったのではないでしょうか。

 

私も妻からネクタイピンとハンカチをもらいまして、とても嬉しかったです。

 

「さらにがんばろう!」って気持ちになりますね。

 

さっそく今日の出張から、プレゼントしてもらったネクタイピンを着用です。

 

家族の気持ちを胸(ネクタイピンの位置的に、お腹?)に、今週1週間も頑張りたいと思います!

 

さてさて、今回のブログ「俺のバランスシート」は、「俺の『経営資源』」について書かせていただこうと思います。

 

経営資源は、ヒト・モノ・カネである」と言われますね。

 

その経営資源をどのように有効活用して利益を出せる企業体質にしていくか、これが経営者の仕事だとも言われます。

 

でも、起業したばかりの身である私のいまの状況としては、「経営資源=ヒト・モノ・カネ」ではないような気がしていまして・・・。

 

(もちろん、会社が成長していけば、状況は変わると思いますが)

 

いまの私の「経営資源」は、「ヒト・カネ・情報」って感じです。

 

社員がいないため、1人でやれることには限界があります。

 

ですので、いかに外部の方々とコラボレーションなり、アライアンスを組むことができるかが大事

 

もちろん、win-winの関係が前提

 

アライアンス企業にご協力をいただきつつ、私がアライアンス企業のお役に立つということが前提です。

 

だから、経営資源の1番目が「ヒト」。

 

2番目は「カネ」です。

 

お金(資金)がなければ経営は成り立ちませんから、2番目に大事。

 

「カネ」が1番目ではないのは、私が誰かの役に立っていれば、カネは最終的に付いてくると思っているからです。

 

3番目は「情報」です。

 

前職時代も、アンテナを高くして情報を求めていたつもりではありましたが、いざ会社の外に出ると、全然情報の入り方が違います。

 

私がこれまで以上に意欲的に求めているからということもあるでしょうが・・・。

 

この情報によって、いろいろと今後の戦略・戦術であったり、お客様のお役に立てる幅が広がっていることを実感しています。

 

そんなわけで、いまの私の大事な「経営資源」は、「ヒト・カネ・情報」。

 

ãçµå¶è³æºãããªã¼ç´ æãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

人を雇う前から理念経営の浸透を実践する

皆様、こんにちは!

中小企業の輝く未来を支援するナビゲーター、株式会社ティー・エー・リンクの田中亮です。

 

昨日の土砂降り雨が嘘のように、今日は朝から良い天気ですね。

 

今日は日曜日ではありますが、恵比寿、そして錦糸町でお仕事です。

 

息子が朝食を摂っている中で家を出てきたものですから、ちょっと後ろ髪をひかれつつ・・・。

 

でも、1歩家を出たら、頭は仕事モードに切り替え!

 

さぁ、今日も1日頑張りたいと思います!

 

さてさて、今回のブログ「俺のバランスシート」は、「人を雇う前から理念経営の浸透を実践する」について書かせていただきたいと思います。

 

先週金曜日、仙台の林徹先生の事務所(税理士法人シールドブレーン)のセミナーに参加してきました。

 

税理士法人になってから初の未来会計セミナーだったからでしょうか、多くの方々がご来場されていました。

 

100名以上がご参加されていましたね。

 

ゲスト講師として、岐阜の岩田英人先生が登壇されました。

 

岩田先生が実践されている「理念経営」をテーマとしたお話しでした。

 

私も、会社を立ち上げて改めて感じていますが、やはり「経営理念」は大事だと思います。

 

岩田先生もセミナーでおっしゃられていましたが、「判断基準」「精神的な拠り所」になります。

 

株式会社ティー・エー・リンクの経営理念は「中小企業の輝く未来を支援するナビゲーターになる」です。

 

いま自分がやっていること、ないし、やろうとしていることは、果たして「中小企業の輝く未来を支援するナビゲーターになれているかどうか」を常に考えられています。

 

私は、この経営理念を作った本人ですから、自分の思いがそこに込められているため、経営理念と自分の考えを合わせやすいですが、問題は、社員を雇った時ですよね。

 

その社員は、経営理念を作った本人ではないですから、私のように自分の思いとこの経営理念を合わせることが容易ではないでしょうね。

 

その時、「浸透」という問題が目の前に現れて、克服しなければならない壁となるのでしょうね。

 

壁が出現すると分かっているのだから、いまのうちから、会社として理念が遂行できる環境を整えておくことが大事なのかもしれません。

 

クレドカードを作るとか、採用基準を考えるとか・・・ですかね。

 

いまのうちから環境を整えて、理念経営を実践できる土壌をつくりたいと思います。

 

é¢é£ç»å

息子、大宮駅を歩く!

皆様、こんにちは!

中小企業の輝く未来を支援するナビゲーター、株式会社ティー・エー・リンクの田中亮です。

 

昨日は、息子と大宮駅まで散歩に行ってきました。

 

外は土砂降りの雨でしたので、屋内で息子が楽しめるところは・・・と考えて、大宮駅を選択。

 

ようやく歩くことに楽しさを覚えた息子は、大宮駅の駅構内を歩いて楽しんでおりました。

 

どうやら点字版が気になるようで・・・。

 

たぶん足で踏むと凸凹しているから、足で踏んだ時に感触が良いんでしょうね。

 

妻から「最近散歩に行くと、排水溝とかの上を歩きたがるの」と聞いていましたが、どうも普通のところを歩きたがらない・・・。

 

珍しいものが大好きなのでしょうか。

 

だとしたら、完全に親に考え方が似ていますね(苦笑)

 

1か月前には全然考えられなかったくらい、楽しそうに外を歩いている息子の姿を見て、私はとても嬉しい気持ちになりました。

 

同時に、「どこかに行ってしまうのではないか・・・」という不安に、昨日も散歩中に駆られましたが・・・。

 

これまで以上に目を離せないから大変ではありますが、息子の成長を楽しく見守りたいと思います。

 

さて、次の土日は、どこまで散歩に行こうかな!

 

ãå­è²ã¦ ããªã¼ç´ æãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ