経営理念を浸透させるためには・・・

皆様、こんにちは!

中小企業の輝く未来を支援するナビゲーター、株式会社ティー・エー・リンクの田中亮です。

 

今日もあいにくの雨。

 

天気の悪い日が続きますね~。

 

今日は金曜日です、今週最後の平日!

 

張り切っていきましょう。

 

さてさて、昨日のことですが、品川駅近くの喫茶店で、前職時代にお付き合いがあった方とお会いしておりました。

 

同年代で、関西を拠点に活躍されている方。

 

何年か前に独立をされて、いま全国で研修・講座をやられたりして、活躍されている方。

 

活躍されている方のお話を聞くと、やはり学ぶべきことが多いですね!

 

その方は、経営理念をとても大切にされている方。

 

経営理念を構築するだけでなくて、いかにして組織に経営理念を浸透できるか?のコンサルティングされています。

 

いろいろ気づきがあったのですが、一番気付きがあったのが、経営理念を浸透させるために、経営理念を3人称に対して働きかけられるものになっているかどうか?ということ。

 

経営理念は会社の大切な指針ですから、もちろん経営者が考えるべきもの。

 

経営者が考えるわけだから、会社が経営理念に掲げていることを実現できた時には、自分がどのような状態になっているかについては考えます。

 

でもこれが、自分だけではなくて、経営理念に掲げていることを実現できた時に、社員はどのような状態になっているのか? またその先の家族であったり、取引先の企業であったり、さらにその先に社会がどのような状態になっているか?まで考えるのは、なかなか難しいし、難しいからそこまで考えずに経営理念を作っちゃいがちですね。

 

経営者が自分だけで考えた経営理念をトップダウンで社員に押し付けてしまうと、経営理念がノルマ化されているような気がして、社員も窮屈に感じてしまうかな。

 

だから、自分以外の人たち(上記に挙げたような、社員、取引先、社会などなど)をイメージして、理念が実現できている状態ってどんな状態なのか? そして、それを実現できた時に、その人たちはどうなっているのか? を考えることが大事なんですね。

 

お話を聞いておりまして、まだ会社を立ち上げて3か月目ですが、もう少し経営理念をブラッシュアップしたいなぁと思うようになりました。

 

来年には、また文言が変わっちゃうかも・・・。

 

でもそれって、1段階経営者としてレベルアップしたってことだから、良いのかもしれませんね。

 

「将軍の日」でも伝えているけれど、理念ってその時、その状況に応じて変えても良いものだから。

 

昨日も気づきを得られたことに感謝しながら、今日も1日頑張りたいと思います!

 

ãçµå¶ç念ãããªã¼ç´ æãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

ジョブ理論

皆様、こんにちは!

中小企業の輝く未来を支援するナビゲーター、株式会社ティー・エー・リンクの田中亮です。

 

なかなかすっきりしない天気の日が続きますね。 

 

太陽が出ていない分、ちょっとだけ気温が下がっているようですが、でもジメジメしているので、体感温度は、太陽が出ているときとそんなに変わらないかもしれませんね・・・。

 

気持ちを引き締めて、頑張っていきましょう!

 

さてさて、昨日の夜ですが、毎週第3水曜日恒例の「夜学永井塾」に行ってきました。

https://takahisanagai.com/

 

今回は「ジョブ理論」について、勉強をしてきました。

 

皆さんは「ジョブ理論」って、お聞きになられたことありますかね?

 

私は、正直初耳でした。

 

まず永井先生から教えていただいたのは、「『ニーズ』と『ジョブ』は違う!」ということ。

 

『ニーズ』は、人によって様々かもしれません(例:幸せになりたい、健康になりたい.etc)が、「『ジョブ』は、その時その状況でニーズが集合したものである」ということを教えてもらいました。

 

塾の中では、「アメリカのミルクシェーク屋さん」の例が離されていて、この例がとてもよく「ジョブ理論」というものをよく理解できました。

 

とある繁盛しているミルクシェーク屋さん、なぜ繁盛しているのか?

 

いろいろと分析をしてみると、購入される方の多くは、車で通勤しているビジネスマンであるということが分かった。

 

なぜ、その車で通勤しているビジネスマンが、ミルクシェーク屋さんでシェークを買うのか?

 

調査をしたところ、車で通勤途中に朝食を摂りたいのだけれど、

●「バナナ」ではすぐに食べ終わってしまい昼までの腹持ちが悪い

●「ドーナツ」では手がベタベタしてしまう

●「ベーグル」ではパサパサしてしまう

●「スニッカーズ」では朝から甘いものの摂取しすぎだと感じてしまう

 

シェークでは、飲み終えるまでにそれなりの時間が掛かり、腹持ちが良いし、車のカップホルダーに入れることができるのでちょうどよいということが分かったそうだ。

 

だったら!ということで、このミルクシェーク屋さんは、さらに購入者を増やしたりするために、もっと濃厚なものを販売してさらに腹持ちを良くさせたり、飲んだ時の驚きを感じてもらうために、フルーツや小さなチョコレートを入れたりなどして工夫を凝らしてみらりということを行ったそうです。

 

朝の通勤時間帯という時間・状況では、ジョブ理論による戦術構築&実行がマッチしていたということ。

 

この話を聞いて、「なるほどな~」と思いました。

 

じゃあ、私の場合だったら、どのような「ジョブ理論」で、戦術構築をすることができるのか?

 

ちょっと、今日1日考えてみたいと思います。

 

「永井塾」、本当に勉強になります。

 

参加費5,000円ですから、とてもリーズナブルですしね。

 

ご興味ある方は、ぜひ私田中までご連絡ください!

 

ããã«ã¯ã·ã§ã¼ã¯ãããªã¼ç´ æãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

ホームページを作りながら・・・

皆様、こんにちは!

中小企業の輝く未来を支援するナビゲーター、株式会社ティー・エー・リンクの田中亮です。

 

本日は、西新宿から仕事スタートです。

 

久しぶりに、地下鉄丸ノ内線四ツ谷駅のホームに来ました。

 

今年の初めに、何度かこんな写真を撮影して、SNSにアップしていたなぁ。

 

懐かしい思い出を感じながらの、仕事スタートでございます。

 

さてさて、昨日の午後は、オフィスでデスクワークをしておりました。

 

溜まった領収書を整理したり、お客様へご連絡したり、今後の戦術について考えたり等など。

 

ホームページも準備しておりませんでしたため、ホームページもちょっとばかり作っていました。

 

本当はプロの方にお願いしたほうが良いのでしょうが、プロの方に作っていただくホームページは、「自分の中で設定した目標をクリアしたら!」にしようと思いまして。

 

「最初だから見栄えは大事だ!」という意見もありますがね・・・。

 

「自分でホームページを設定するの、なかなか難しいなぁ」と思いました。

 

ホームページを実際に作るのが難しいというよりも、何をその中に表示させるかが難しいなぁということです。

 

「ホームページを見ていただいたお客様に、何を訴求するのか?」

 

「株式会社ティー・エー・リンクという会社をどのように知ってもらいたいのか?」

 

いろいろと考えます。

 

「逆に、こうやっていろいろと考えることが、自分の会社のブランディングに繋がったりもするのかな」と思ったりして、「考える機会が得られて、逆に良かったかもしれない!」と思ったりしています。

 

ちょっと時間が掛かっちゃうかもしれませんが、なるべく早めに作り上げて、皆様に、「株式会社ティー・エー・リンクはこんな会社だ!」「こんなことを夢やビジョンとして掲げながら仕事をしています!」って言うのをお披露目できるようにしたいと思います。

 

お楽しみに~!!

 

f:id:mr_ryotan3:20190821091422p:plain



宣材写真

皆様、こんにちは!

中小企業の輝く未来を支援するナビゲーター、株式会社ティー・エー・リンクの田中亮です。

 

今日も、朝からあまり天気が優れませんね。

 

自宅を出る時に降っていた雨はやんだものの・・・。

 

天気はぐずついているかもしれませんが、気持ちは晴れやかに!

 

今日も1日、よろしくお願いいたします。

 

昨日の夕方、池袋にあります写真スタジオに行きまして、宣材写真を撮りに行ってきました。

 

これからティー・エー・リンクのホームページを作成するにあたり、ちゃんとした写真をプロの方に撮影してもらったほうが良いなと思いまして。

 

Facebookの写真も、いつまでも「ぐんまちゃん」って訳には行かないとも思いまして。

 

プロの方に撮影していただくと、やっぱり違いますね。

 

私の仕事内容や使用用途をご説明すると、「それでしたら、こんな風に撮影されると良いですよ」とご提案いただいたり、実際に撮影する時にも、「お仕事柄、立ち姿をこういう風にすると見栄えが良いですよ」とアドバイスをしてくれました。

 

ちゃんと相手のことを理解し、そして思ったうえで、いろいろとアドバイスをする。

 

「これがまさにプロだな!」と思いました。

 

ちょっとばかり加工もしていただきまして、かなり良い宣材写真が撮れました。

 

どうですかね??

 

f:id:mr_ryotan3:20190820084832j:plain

f:id:mr_ryotan3:20190820084912j:plain

 

芸能人の方のように、なかなか撮られ慣れておりませんので、表情や姿勢が強張ったものばかりになってしまったのですが、何とか数枚、良い写真が奇跡的に撮れていまして、前述のとおり少しばかり加工をしていただきまして、このような写真が撮れました。

 

店員さんにお聞きしましたら、宣材写真を定期的に撮り直しをされる方が最近増えているみたいで、だいたい1~2年サイクルのようです。

 

確かに時々、「この写真、いつ(何年前に)撮ったの?」ってくらい、写真と実際にお会いした時と全然違うって方、いらっしゃいますよね。(失礼ながら・・・)

 

そういう場合は、お会いした時にだいぶ印象が下がってしまうでしょうから、宣材写真の撮り直しをしたほうが良いでしょうね。

 

私も、「ちょっと実物と写真が違って来たなぁ」と思い始めたら、また撮り直ししに行こうと思います。

3つの“R”

皆様、こんにちは!

中小企業の輝く未来を支援するナビゲーター、株式会社ティー・エー・リンクの田中亮です。

 

今日からまた新たな1週間がスタートですね。

 

夏休み明けで、今日から始動という方もいらっしゃるかもしれません。

 

張り切っていきましょう、よろしくお願いいたします!

 

さてさて、皆さんは「3つの“R”」って、ご存知ですか?

 

「将軍の日」にご参加いただいたことがある方は、ご存知かもしれませんね。

 

「3つの“R”」とは、「理念(Rinen)」と「利益(Rieki)」と「倫理(Rinri)」です。

 

理念=Mission、利益=Profitとかではなくて、そのままローマ字に変換しただけではありますが・・・。

 

いつも「将軍の日」では、この3つの“R”のバランスを保つことが大事であるということをお伝えしています。

 

例えば、「倫理(Rinri)」という要素が欠けてしまったら・・・。

 

よく「将軍の日」では、車に例えていまして、「ブレーキのない車は、止まることができないため暴走してしまう」と言っておりますが、そう、会社も同じで、ブレーキ(倫理)のない会社は、暴走をしてしまうんですよね。

 

暴走してしまった会社の顛末は、どうなるのか?

 

社会からつまはじきになってしまうか、もしくは、暴走していた(ないし暴走を許していた)経営者や経営陣が退陣しなければならないということになりますね。

 

同じように、理念(Rinen)を欠いている会社は、結局会社がどこに向かっているか分からない状態になってしまうため、社員は「この会社に、この社長に付いて行きたい」とは思わないでしょうね。

 

利益(Rieki)という要素を欠いている会社は(おそらくないと思うけれど)、稼げない訳ですから、会社として成り立たないですよね。

 

3つの“R”、どれも欠かすことができない非常に大事な要素。

 

皆さんは、ちゃんとこの3つのバランスを保てていますか?

 

特に、倫理性を欠いた経営をしているなんてことは、しないようにしましょうね。

 

f:id:mr_ryotan3:20190819102831p:plain

恐る恐るドライブ

皆様、こんにちは!

中小企業の輝く未来を支援するナビゲーター、株式会社ティー・エー・リンクの田中亮です。

 

昨日は、ちょっと車を修理するために、自宅近くにあるイエローハットに行ってきました。

 

フロントガラスが、飛び石の影響で「ひび」が入ってしまいまして、その修理のために。

 

実は2週間前に、この「ひび」の事実が発覚しまして、先週の日曜日(11日)にそのイエローハットに行ったのですが、「ウチでは在庫がなくて、ガラス屋さんに運んできてもらわないといけない」ということだったため、その場で修理をすることができず・・・。

 

またお盆休みということもあって、そのガラス屋さんも予定が詰まっているとかで動くことができないようで、私も、実家に帰ったりいろいろ家族の予定で車で出掛けたりするため、なかなか修理に出すことができず、ようやく昨日修理に出すことができたというわけです。

 

フロントガラスに「ひび」が入った状態ですから、車を運転するにも慎重になります。

 

イエローハットの店員さんからは、「あまり乗らないほうが良いですよ」と言われたのですが、実家に帰る予定だったり、法事に行く予定があったりもしたものですから、車に乗らないというわけにはいかないため、「オススメはしませんが、でももし乗るなら、速度とかに気を付けてください。圧力がかかると『ひび』がさらに進行する可能性もあるので」と言われ、慎重に慎重を重ねて運転をしていました。

 

ようやく昨日修理に出して治りましたため、これで余計な心配をなくして車を運転することができます。

 

最近の土日や祝日は、家族で車で出かけることが日課なものですから、これで快適な車生活を再び送ることができます!

 

息子も、車の中から見える風景(すれ違う車や標識など)を楽しみにしていますし。

 

ちょっとプライベートネタ、しかも田中家の最近の出来事についての記事になってしまいました。

 

ビジネスネタを期待されていた方、ごめんなさい。

 

f:id:mr_ryotan3:20190819092213p:plain

チームの絆

皆様、こんにちは!

中小企業の輝く未来を支援するナビゲーター、株式会社ティー・エー・リンクの田中亮です。

 

先週の金曜日、3月に一緒に会社(MAP経営)を辞めたメンバーと一緒に食事をする機会がありました。

 

あれから5か月が経ちましたが、会社に戻ったメンバー、新しい道(転職した)メンバーと様々ではありますが、みな元気に顔を合わせることができました。

 

メンバーそれぞれの新しい会社のことを話をしたり、近況を報告したり、今年の初めに一緒に仕事をしていた時のことを思い出しながら話をしたり、とても楽しい時間でした。

 

みんなも楽しそうでした。(私が思うに)

 

改めて思いましたが、このメンバー、良いチームでしたね。

 

お互いがお互いのことを思い合い、お客様のために、そして会社のために仕事をしていました。

 

この良いチームが、突然解体させられることになったのは、改めて思うと非常に悔しいですね。

 

みんなが元気で、前を向いて、新しい道を歩いているのが、唯一の救いかな。

 

仕事の内容は違うかもしれないけれど、それぞれの場所で、目の前の仕事、目の前のお客様のために頑張ってほしいなと思います。

 

そして、自分自身も。

 

f:id:mr_ryotan3:20190818232808p:plain



策略家のお蕎麦屋さん

皆様、こんにちは!

中小企業の輝く未来を支援するナビゲーター、株式会社ティー・エー・リンクの田中亮です。

 

本日、大宮での仕事を終えまして、いったんオフィスに寄りました。

 

大宮⇒上野⇒秋葉原⇒亀戸って感じでの移動です。

 

秋葉原駅に到着した時、12時になりそうだったので、お腹もすいて来たし、駅中にありましたお蕎麦屋さんで、食事をとることにしました。

 

券売機で食券を購入しましたら、なんと食券が2枚出ているではありませんか!?

 

490円の定食を注文するのに、1000円を券売機に入れたのですが、帰ってきたお釣りが20円でしたので、どうやら2回ボタンを押してしまったようです・・・。

 

店員さんに申し出まして490円の返金をお願いしたのですが・・・。

 

「お客様、またこちらのお店に来る機会はありますか?」と、予期しない質問をされました。

 

秋葉原駅はよく乗り換え駅で使っていますため、「来ることもあるかもしれません」と答えました。

 

そうしましたら、「では、この食券、今度ご来店の時に利用してください」とのこと。

 

「そうですか」と言って、一度店員さんに渡した食券を受け取り直して、改めて食券を見てみたら「その日限り」と書かれていました。

 

「ここに、その日限りって書かれていますよ」と言いましたら、「いつでもご利用いただいても大丈夫なようにハンコを押しておきますので、今度いらっしゃったときにはこちらを利用してください」と返されました。

 

お店側からしたら、ここで返金したらこのお客さんは来ないかもしれない。

 

でも、この食券を「また次回使えますよ」としておけば、このお客様はまた来店してくれるだろう。

 

再来店させようっていう、機転を利かせた作戦というわけです。

 

私としても別に損するわけではないし、良しとしました。

 

それにしてもこの機転の利かせ方、あの店員さん(おばちゃん)はなかなかの策略家ですな。

 

それとも、私みたいに間違えて食券を2枚買っちゃう方がよくいるから、いつもの対処の仕方なのか・・・。

 

だったとしても、お客様を取りこぼさないようにしているこのお店の作戦はなかなかだな!と感心してしまいました。

 

問題は、すぐモノをなくしてしまう私が、この食券をなくさずにいられるかどうか。

 

なくす前に、早めにあの秋葉原のお蕎麦屋さんに行くようにしよう!

 

f:id:mr_ryotan3:20190816183517j:plain

 

我が家の「子鉄」との夏休み - ②

皆様、こんにちは!

中小企業の輝く未来を支援するナビゲーター、株式会社ティー・エー・リンクの田中亮です。

 

我が家の「子鉄」との夏休み、前回のブログでは実際の電車を見に行ったことを書かせてもらいましたが、プラレールショップにも行きましたので、今回のブログではそのことについて書かせてもらおうと思います。

 

プラレールショップは、東京ですと「東京駅」と「東京ソラマチスカイツリー)」の2か所にあるようです。

 

その2か所ともに行ってきました。

 

我が家にもプラレールがあるのですが、これまで息子は、あまりプラレールで遊ぼうとはしませんでした。

 

どうやらモーターの音が嫌なようで、電源を入れても「止めて」と言って、なかなか楽しもうとしませんでした。

 

でもプラレールショップに行きましたら、動いているプラレールの電車を食い入るように、興味を持って見ていました。

 

自分で実際に動かしてみたりもして、とても楽しい時間をプラレールショップで過ごしたようです。

 

自宅に帰ってきても、その楽しい時間が忘れられないようで、自分でプラレールを組み立てはじめて、電源を入れて電車が走る姿を見て興奮したり、実際に自分で電車を押して楽しんだりと、ちょっと苦手を克服したみたい。

 

「子鉄」への道を、順調に歩み始めた2019年の夏休みでありました。

 

まだ「買って買って」とおねだりはしませんが、おねだりをしてきたらどうしよう・・・。

 

ããã©ã¬ã¼ã« ããªã¼ç´ æãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

我が家の「子鉄」との夏休み

皆様、こんにちは!

中小企業の輝く未来を支援するナビゲーター、株式会社ティー・エー・リンクの田中亮です。

 

お盆休みを終えまして、本日から仕事再始動しております。

 

お盆休みは、ゆっくり家族との時間を過ごすことができました。

 

と言いましても、お互いの実家(横浜)に行くことと、2歳の息子の好きそうな場所に行くことで費やしましたが(笑)

 

以前もブログで書いたことがありますが、息子はいま「電車」にすごく興味を持っておりまして、いま息子のお気に入りと思われる電車は「成田エクスプレス」と「上野東京ライン」と「新幹線のはやぶさ」。

 

「●●が好き」としゃべるわけではありませんが、この3つの電車を見ると、身体をゆらしたり、足をバタバタさせて喜んでいるので、おそらくこの3つの電車が好きなのでしょう。

 

理由は分かりませんが・・・。

 

たぶん『子鉄(子供の鉄道ファン)』ですね。

 

日暮里駅にある「下御隠殿橋」というところは、鉄道ファンがよく詰めかける場所のようで、新幹線や京浜東北線や山手線、上野東京ラインや、京成線といった、10何種類もの電車が通るようですので、「息子も喜ぶんじゃないか?」と思い、太陽カンカン照りの中、行ってきました。

 

足をバタバタさせながら喜んでくれて、良かった!

 

国際フォーラムからも、東海道新幹線や山手線、京浜東北線上野東京ラインが見えるということで、行ってきました。

 

国際フォーラムの7階という、屋内から見ることができるため、暑さや雨風がしのげるため、ここも場所としては良いですね!

 

こちらの場所に関しても、息子は満足してくれたみたいで、大変良かった!

 

息子に影響されて、なんか私も鉄道に詳しくなりそうな予感がしております・・・(笑)。

 

f:id:mr_ryotan3:20190816093845j:plain