自分は自分に対して甘くなる

皆様、こんにちは。
「未知を道へ変えていく」、株式会社MAP経営福岡支社の田中です。
www.mapka.jp

今日は1日、福岡で仕事をしておりました。
 
オフィスでの仕事時間もあって、落ち着いて仕事ができた感じでした。
 
さてさて、今回は「自分は自分に対して甘くなる」について書こうと思います。
 
最近、新たに福岡支社でやり始めたことがあります。
 
それは、チャットワークを活用した「タスク管理の共有」。
 
自分のタスクを他のメンバーも見られるようにすることで、より緊張感を持って仕事ができるようになりました。
 
私が、一緒に仕事をしている中井さんに対してタスクを出したり、東京で仕事をしている前島さんが私に対してタスクを出したり。
 
お互いに、仕事を振ったり、振られたり。
 
「自分だけで仕事をしているんじゃない、チームで仕事をしているんだ!」って感じになります。

自分は自分に対して甘くなる。
 
だから、「○○さんへ電話する」「●●さんへメールする」みたいな本当に細かいレベルまでタスク管理して、行動したかどうかの確認を行っています。
 
求めていた「P-D-Sサイクルの高速回転化」が実践され始めてきました。
 
この調子で、目標達成に向けてどんどん加速して行きたいと思います!
 
--------------------------------------
◎弊社代表、「未来をつくる経営者 浅野泰生のブログ」
   http://asanoyasuo.blogspot.jp/
◎弊社取締役、「安江のブログ」
   http://blog.livedoor.jp/patarironeo2/
◎MAP経営の2018年リクルートサイト(弊社全社員のコメントが出ています)
   http://www.mapka.jp/recruit/
---------------------------------------

『やる』か『やらない』か

皆様、こんにちは。
「未知を道へ変えていく」、株式会社MAP経営福岡支社の田中です。

www.mapka.jp

 

広島での仕事を終えて、自宅に帰ってきました。

 

ちょっと遅かったら、どうやら新幹線が止まって帰ることができなかったかもしれません。

 

ラッキーでした。

 

さてさて、今回は「『やる』か『やらない』か」について書きます。

 

 会計事務所様をお伺いしていますと、時々、こんなお話しをお聞きします。

 

「MAS監査って、やってみたことがないから、お客様にどうやって提案して、どうやって提供すれば良いかが分からないんですよね。」

 

それはそうですよね、自分で体験・体感したことがないものを、自身を持って提案・提供することなんて、できないですよね。

 

そんな時、ここ数日は、「世の中、結局、『やる』か『やらない』かですよ」とお話しするようにしています。

 

先日セミナーを行って頂きました、仙台の林先生の受け売りです。

 

失敗を恐れて『やらない』という選択をしてしまえば、一歩なんてなかなか踏み出せません。

 

目標達成の可能性や、成功する確率は「ゼロ」。

 

でも、勇気を出して『やる』という選択をすれば、一歩踏み出すことになり、目標達成の可能性や成功する確率は、ゼロではなくなる。

 

MAS監査をお客様に提案・提供したいと思うなら、『やらない』という選択肢はない。

 

『やる』しかないんですよね。

 

--------------------------------------

◎弊社代表、「未来をつくる経営者 浅野泰生のブログ」

   http://asanoyasuo.blogspot.jp/

◎弊社取締役、「安江のブログ」

   http://blog.livedoor.jp/patarironeo2/

◎MAP経営の2018年リクルートサイト(弊社全社員のコメントが出ています)

   http://www.mapka.jp/recruit/

---------------------------------------

「ストーリー」で考える

皆様、こんにちは。
「未知を道へ変えていく」、株式会社MAP経営福岡支社の田中です。

www.mapka.jp

 

福山での仕事を終えて、広島駅構内のカフェでデスクワーク中です。

 

ホテルに帰ってしまったら、ダラッとしてしまって気合いが入らなくなってしまうので・・・。

 

さて、今回は「ストーリーで考える」についてブログ投稿します。

 

前回のブログで書きました「人生理念」⇔「人生ビジョン」⇔「3年後の目標」』、このストーリー性を、私は振り返り面談をするときにすごく重視しています。

 

なぜなら、戦略や戦術を組む時もストーリーが重要になるからで、自分自身のこと(人生の目的・ありたい姿・目標)をストーリー性を持って考えることができていなかったら、他人や部署のマネジメントなんて出来ないですから。

 

最近、私自身がいろいろな物事をストーリーで考えられるようになってきたので、高い視点&広い視野を持てるようになり、すごくマネジメントがしやすくなってきました。

 

 

ブレることがなくなったので、とても頭の中が整理されてスッキリしています。

 

あとは、このストーリーが正しかったことを証明するために、周りを巻き込みながら動いていかなければ!

 

f:id:mr_ryotan3:20170620202408p:plain

 

--------------------------------------

◎弊社代表、「未来をつくる経営者 浅野泰生のブログ」

   http://asanoyasuo.blogspot.jp/

◎弊社取締役、「安江のブログ」

   http://blog.livedoor.jp/patarironeo2/

◎MAP経営の2018年リクルートサイト(弊社全社員のコメントが出ています)

   http://www.mapka.jp/recruit/

---------------------------------------

「人生理念」⇔「人生ビジョン」⇔「3年後の目標」

皆様、こんにちは。
「未知を道へ変えていく」、株式会社MAP経営福岡支社の田中です。

www.mapka.jp

 

今日から2日間、広島出張です。 

 

息子の写真を見ながら、1日元気に頑張りたいと思います!

 

さてさて、今回は「人生理念」⇔「人生ビジョン」⇔「3年後の目標」』について書こうと思います。

 

第2四半期も終わりに近づいてきましたので、振り返り面談の時期に入ってきています。

 

昨日も、福岡支社で一緒に働いている中井さんと、振り返りの面談を行いました。

 

当社の目標管理シート(MBO)には、「人生理念」「人生ビジョン」「3年後の目標」を記載する欄があります。

 

昨日、この部分で話をしていたのですが、「人生理念」と「人生ビジョン」と「3年後の目標」は、一気通貫している、いわば1つのストーリーになっている必要があると思っています。

 

「人生理念」⇔「人生ビジョン」⇔「3年後の目標」

 

それぞれを単体で考えてはダメで、「自分自身の人生の目的(理念)が●●だから、それを実現させるために▲▲というビジョンを掲げ、そのビジョンに到達するための3年後のゴールポイントとして××を達成する」

 

こんな風に考えなければならない。

 

そうすると、こう考えることもできる。

 

「3年後に××というゴールポイントを達成する理由は、自分の人生ビジョンが▲▲だからであり、それは自分の人生の目的(理念)である●●に繋がってくる」

 

両方向からのストーリーが成り立った瞬間に、「人生理念」「人生ビジョン」「3年後の目標」が形になるのだと思います。

 

もちろん、形になった後もブラッシュアップは必要ですがね。

 

なかなか難しいですが、でも大事なことですから、この機会に私もしっかりと自分自身に向き合って考えたいと思います。

 

f:id:mr_ryotan3:20170620081952p:plain

 

--------------------------------------

◎弊社代表、「未来をつくる経営者 浅野泰生のブログ」

   http://asanoyasuo.blogspot.jp/

◎弊社取締役、「安江のブログ」

   http://blog.livedoor.jp/patarironeo2/

◎MAP経営の2018年リクルートサイト(弊社全社員のコメントが出ています)

   http://www.mapka.jp/recruit/

---------------------------------------

母親は、凄し

皆様、こんにちは。
「未知を道へ変えていく」、株式会社MAP経営福岡支社の田中です。
www.mapka.jp

今週も1週間がスタートしました。
 
今日の午後は、MAP経営恒例行事、半期に一度の大掃除でした。
 
自分の机の中や棚などの掃除・整理・整頓を徹底的に行います。
 
終わった後は、疲れはしますが、すごく清々しい気持ちになります。
 
「残り半年も、頑張ろう!」って気持ちになりますね。
 
さてさて、今回は「母親は、凄し」についてブログ投稿します。
 
息子が産まれて、もうすぐ2カ月が経とうとしています。
 
いやぁ、早いものです。
 
私は、会社からの帰宅時間がだいたい9時を過ぎるので、その時間には息子はすでに寝ていたり、寝る体制に入っていたりです。
 
ですので、あまり触れあう時間がありません。
 
だからなのでしょうね、たまに早く帰ったり、休日に触れ合おうとすると、息子は泣いてしまいます。
 
ぐっすり寝ているか、泣いてしまうかのどちらかですね。
 
泣いてしまったら、もう私ではどうしようもありません。
 
妻に委ねます。
 
妻が息子を抱くと、泣きやんで、ホッと安心したようにまた眠りに入ります。
 
まだ2カ月しか経っていないですから、まだハッキリと物は見えていないでしょうし、判別できていないと思うのですが、何か分かるんでしょうね。
 
「母親は、凄し」です。
 
私も、子供と触れ合う時間を少しでも増やすために、朝の時間を活用するとかで工夫したいと思います。
 
--------------------------------------
◎弊社代表、「未来をつくる経営者 浅野泰生のブログ」
   http://asanoyasuo.blogspot.jp/
◎弊社取締役、「安江のブログ」
   http://blog.livedoor.jp/patarironeo2/
◎MAP経営の2018年リクルートサイト(弊社全社員のコメントが出ています)
   http://www.mapka.jp/recruit/
---------------------------------------

教育と共有の改革 ― その後

皆様、こんにちは。
「未知を道へ変えていく」、株式会社MAP経営福岡支社の田中です。

www.mapka.jp

 

さて、今回は「教育と共有の改革 ― その後」についてブログ投稿します。

 

先日、「教育と共有の改革」というタイトルでブログ投稿させて頂きました。

 

何名かの方から、「どうするのですか?」というご質問を頂きました。

 

ブログを読んで頂けていることに、本当に感謝です。

 

ちなみに、7月からいろいろな改革を施す予定です。

 

「教育と共有」という面で行くならば、毎週金曜日に行っているロールプレイングの時間を増やします

 

練習の場を多くして、研鑽を積み、スキルを高めていきます。

 

そして、第2金曜日を「まるまる教育の時間」に充てることにしました。

 

これまでのセミナー動画を見て勉強をしたり、経営計画や未来会計に関する書籍から学ぶ時間にしたり、ロールプレイング以外の研鑽を図るための時間を1日設定します。

 

「まだちょっと足りないかな~」とも思いますが、まずはこれで7月から走ってみます。

 

その他にも、色々とシフトチェンジすることを考えておりますが、まぁそれについてはまた追々。

 

私たち福岡支社メンバーが、もっともっとお客様にとっての「価値あるリソース(Valuable Resource)」となれるよう、頑張っていきます!

 

--------------------------------------

◎弊社代表、「未来をつくる経営者 浅野泰生のブログ」

   http://asanoyasuo.blogspot.jp/

◎弊社取締役、「安江のブログ」

   http://blog.livedoor.jp/patarironeo2/

◎MAP経営の2018年リクルートサイト(弊社全社員のコメントが出ています)

   http://www.mapka.jp/recruit/

---------------------------------------

不安になるのは・・・

皆様、こんにちは。
「未知を道へ変えていく」、株式会社MAP経営福岡支社の田中です。

www.mapka.jp

 

今日は土曜日ですが、仕事です。

 

ある事務所様の所内研修で90分ほど「経営計画の必要性」について話をさせて頂きました。

 

最近、このようなご要望を頂くことが多くて、大変ありがたい限りです。

 

「経営計画をやっていこう!」という機運が高まっている証拠ですから、今後もこういったご要望にはできる限りお応えしていこうと思っています。

 

そんな中で、よく頂く質問として、このようなものがあります。

 

「もし、MAS監査を行っている会社が、目標達成できなかったら、どうしますか?」と言うもの。

 

結論から申し上げれば、「別に、どうもしません」

 

「目標達成できなかったら、怒られるのではないか」とか「目標達成できなかったら、返金しろと言われるのではないか」という不安からそのような質問になるようですが、私としては、全く心配する必要がないと思っています。

 

もちろん、会計事務所側が「あーせい」「こーせい」と指導をして経営計画を作成したのであれば、それは経営者から文句は言われるでしょう。

 

「あなたの言う通りやったら成果でなかった、どうしてくれるんだ」と。

 

でも、社長自身が計画を作成して、「よし、これでやろう!」と自分で意思決定したのに、目標達成しなかったからと言って怒られる&返金しろと言われることは、あり得ませんし、ナンセンス

 

不安に陥ってしまうのは、やっぱり「MAS監査の価値」がまだ理解できていないからなのだろうな・・・。

 

自己MAS監査をしっかりと行って、価値を理解することで、MAS監査や目標達成サポートに対する不安を拭って頂きたいものです。

 

--------------------------------------

◎弊社代表、「未来をつくる経営者 浅野泰生のブログ」

   http://asanoyasuo.blogspot.jp/

◎弊社取締役、「安江のブログ」

   http://blog.livedoor.jp/patarironeo2/

◎MAP経営の2018年リクルートサイト(弊社全社員のコメントが出ています)

   http://www.mapka.jp/recruit/

---------------------------------------

忘却

皆様、こんにちは。
「未知を道へ変えていく」、株式会社MAP経営福岡支社の田中です。
www.mapka.jp

今日は1日、福岡市内で仕事でした。
 
上司であり、役員でもある安江さんと一緒に、3件のお客様をご訪問させて頂きました。
 
実りある話をお客様とすることができて、良かったです。
 
さてさて、本日は「忘却」をテーマにブログを投稿します。
 
昨日、福岡で行わせて頂きましたセミナーの、私が担当した第2部の一番最後に、「エビングハウス忘却曲線」について触れさせて頂きました。
 
ドイツの心理学者ヘルマン・エビングハウスは、関連のない3つのアルファベットの羅列を被験者にたくさん覚えさせて、その記憶がどれくらいのスピードで忘れてしまうかを試す実験をしました。 
 
そうしますと、20分後に42%、1時間後に56%、1日後に74%、1週間後に76%、1カ月後に79%が忘れてしまうと言う結果が出たそうです。
 
つまりは、ヒトの記憶は、覚えた瞬間から忘れて行ってしまうようになっているということ。

ですので、「このセミナーが終わって、『あー、良い話を聞いた』で終わらせないでください。明日にはほぼほぼのことを忘れてしまいますから。だから実践する必要があります」と参加されている皆様にお伝えさせて頂きました。
 
第1部の講師であった林先生が「結局、世の中『やるか』『やらないか』」という話を引用させて頂いて。
 
今回、広島・熊本・福岡で、総勢60名の方にご参加を頂きました。
 
どれだけの方々が実践をして頂けるか、楽しみです!
 
--------------------------------------
◎弊社代表、「未来をつくる経営者 浅野泰生のブログ」
   http://asanoyasuo.blogspot.jp/
◎弊社取締役、「安江のブログ」
   http://blog.livedoor.jp/patarironeo2/
◎MAP経営の2018年リクルートサイト(弊社全社員のコメントが出ています)
   http://www.mapka.jp/recruit/
---------------------------------------

「教える → 伝える」の意識変化

 皆様、こんにちは。
「未知を道へ変えていく」、株式会社MAP経営福岡支社の田中です。

www.mapka.jp

 

熊本会場の事例公開セミナーが終了し、自宅に戻ってきました。

 

昨日の広島会場に負けず劣らず、本日の熊本会場も非常に盛り上がりました。

 

明日は、最終日の福岡会場です。

 

まだ若干お席に余裕がありますので、もし予定が空いておられる方は、ご参加を頂ければと思います!

 

今回のセミナーでは、私も第2部で少しばかりお話しをさせてもらっています。

 

何かをお伝えする訳ではなく、セミナー講師の林先生が講演された内容を整理する役割を果たさせてもらっています。

 

どんな話をさせてもらっているかは、明日までセミナーはありますので明かせませんが、我ながら、研修講師っぽい内容ではなく、営業マンっぽい内容だなと感じています。

 

もちろん、良い意味でですよ。

 

教えることを意識するのではなく、伝えることを意識した内容にしているので、そう感じているのかもしません。

 

3年半前に研修講師職から営業職に配置転換となり、常に営業の現場で、「伝えること」に意識を置いているからかもしれません。

 

 今日、福岡から熊本会場にお越し頂いた方々も、「すごい良かった」と言ってお帰り頂けましたので、明日も、お越し頂いた方々に「今日、来て良かった」と言って頂けるよう、最高の役割を果たしたいと思います。

 

f:id:mr_ryotan3:20170615000054p:plain

 

--------------------------------------

◎弊社代表、「未来をつくる経営者 浅野泰生のブログ」

   http://asanoyasuo.blogspot.jp/

◎弊社取締役、「安江のブログ」

   http://blog.livedoor.jp/patarironeo2/

◎MAP経営の2018年リクルートサイト(弊社全社員のコメントが出ています)

   http://www.mapka.jp/recruit/

---------------------------------------

「将軍の日」成功のカギ

 皆様、こんにちは。
「未知を道へ変えていく」、株式会社MAP経営福岡支社の田中です。

www.mapka.jp

 

さて、今日は広島で事例公開セミナーです。

 

広島県の皆様に集まって頂きまして、仙台の林先生の「『MAS監査』の成約率向上」に関する話をして頂きます。

 

終わった後は、懇親会。

 

今回の企画で、ご参加の皆様同士で情報交換などして頂きまして、広島の皆様のコミュニティーとしてご利用頂ければと思っております。

 

さてさて、今回は「『将軍の日』成功のカギ」について書こうと思います。

 

先日、将軍の日にご参加頂きました方(計画立案をされた経営者)とお話しさせて頂く機会があり、「『将軍の日』に参加したけれど、全然その良さが分からなかった」というお話を頂きました。

 

どうやら、脇でサポートに付いておられた方が、ヒアリングをすることがなかったり、スマートフォンをいじったりして、あまり親身に相談に乗らなかったそうで。

 

弊社の未来会計スクールでもお伝えさせて頂いておりますが、「将軍の日」の成功のポイントは、いかに経営者から課題をヒアリングできるか。

 

課題がヒアリングできなければ、ただ計画を作っただけになってしまい、そんなに高いレベルの満足感や感動を経営者に体感して頂くことはできないでしょう。

 

やっぱり、当日どうやってサポートするか(サポーターとしての心得)が重要ですね。

 

「サポート 重要」の画像検索結果

 

--------------------------------------

◎弊社代表、「未来をつくる経営者 浅野泰生のブログ」

   http://asanoyasuo.blogspot.jp/

◎弊社取締役、「安江のブログ」

   http://blog.livedoor.jp/patarironeo2/

◎MAP経営の2018年リクルートサイト(弊社全社員のコメントが出ています)

   http://www.mapka.jp/recruit/

---------------------------------------