読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相手の悩みを、自分事として考える

皆様、こんにちは。
「未知を道へ変えていく」、株式会社MAP経営 福岡支社の田中です。

www.mapka.jp

 

昨日は、熊本のお客様をご訪問させて頂いておりました。

 

熊本は震災が起こってからもうすぐ半年が経過しようとしています。

 

久しぶりにお会いしました熊本市内のMAP会員様と話をしておりまして、顧問先の阿蘇地域の温泉旅館が、やはり震災後、お湯が出なくなったりなどの窮地に立たされたようでしたが、いまでは湯量も回復して、経営ができる状況にはなったようです。

 

これで、熊本震災後、すべてのMAP会員会計事務所様とお会いできました。

 

幸いにも人的被害があったところはどこも無く、大変ホッとしております。

 

さて、今回のブログは、昨日お会いさせて頂いておりました、この熊本の先生との会話から。

 

1人でご開業の先生ですので、MAPをどんどん活用したいものの、ご紹介で税務顧問先の件数も増えており、なかなかMAPを使って、毎月のMAS監査という状況まで持っていけない・・・という悩み。

 

いろいろとヒアリングさせて頂いておりますと、ある保険代理店との関係性が良好だそうで、私から、「保険代理店の方に、先生が経営計画を企業と作成するのに必要な情報をヒアリングしてもらって、それからパスを受けられたらどうですか?」とご提案させて頂きました。

 

先生も「なるほど」と、感心して頂けました。

 

いまは、何でもかんでも自分で行うという時代ではありません。

 

お互いがお互いに協力し合いながら仕事に取り組む時代です。

 

せっかく保険代理店と良好な関係が築けているのなら、その保険代理店さんに、先生が取り組みたい事柄についての協力を依頼をしてみてはどうかと、勝手ながら、思ったことを提案してみました。

 

そうすると、脇で聞いていた部下の中井さんが、「そういう流れは考えもしなかった」と、後で車の中で感想を言ってくれました。

 

もちろん、このご提案が正しいかどうかは分かりませんが、私なりに思った「私だったらどうするだろうか・・・」という仮説。

 

相手の悩みを自分事として考えれば、いろいろとアイデアは出てくるものです。

 

営業職・コンサルタント職に、大切な要素なのかもしれません。

 

--------------------------------------

◎弊社代表、「未来をつくる経営者 浅野泰生のブログ」

   http://asanoyasuo.blogspot.jp/2016/04/blog-post.html

◎弊社取締役、「安江のブログ」

   http://blog.livedoor.jp/patarironeo2/

◎顧問先の年商を2年で2倍にするMAS指導成果のつくり方(10月18日/広島)

   http://www.mapka.jp/seminar/20161018_hiroshima

◎今回は「プレゼン」がテーマ! 西日本支部MAPサロン(11月11日/福岡)

   http://www.mapka.jp/seminar/20161111_fukuoka_salon

◎アライアンス企業/アチーブメント株式会社様開催セミナー(10月21日/福岡)

 組織を一枚岩にする採用と育成技法 - 時代を勝ち抜く!強いチームの作り方

   http://contact.achievement.co.jp/monolith/

--------------------------------------