実情から判断する

皆様、こんにちは。
「未知を道へ変えていく」、株式会社MAP経営福岡支社の田中です。

www.mapka.jp

 

さて、今回は「実情から判断する」について書こうと思います。

 

そういえば、昨日は月末最終金曜日だったので「プレミアムフライデー」だったのですね。

 

始まった当初の2月は、インターネットでも色々と記事が取り上げられていたので、私も気にはしていましたが、4か月が経過して、あまり聞かなくなりました。

 

どんな状況なのだろうと、ちょっと気になって調べてみましたが、経産省経団連などがつくった協議会のインターネット調査によれば、会社の奨励で通常より早く帰ったのは、ネット調査に答えた2000人のうち86人で4.3%とのこと。

 

プレミアムフライデーを好機とみて、午後3時からお店をオープンすることにした新宿のとある居酒屋さんも、いまでは閑古鳥が鳴いているため、「来月はオープンさせるかどうか考える」とのこと。

 

ただでさえ、中小企業は人手が少ないから苦労しているにもかかわらず、しかも月末の金曜日なんて忙しいことが多いですから、まぁ尻すぼみでしょうね。

 

働き方改革の一環でセットされたプレミアムフライデーだったけれど、実情を無視した結果として、こうなってしまう。

 

実情を見極めた上での施策を講じるとか、アクションするとかって、やはり大事ですね。

 

---------------------------------------

◎弊社代表、「未来をつくる経営者 浅野泰生のブログ」

   http://asanoyasuo.blogspot.jp/

◎弊社取締役、「安江のブログ」

   http://blog.livedoor.jp/patarironeo2/

◎MAP経営の2018年リクルートサイト(弊社全社員のコメントが出ています)

   http://www.mapka.jp/recruit/

---------------------------------------