読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

当たり前と礼節

皆様、こんにちは。
「未知を道へ変えていく」、株式会社MAP経営福岡支社の田中です。

www.mapka.jp

 

新大阪駅近くのホテルで一夜を明かしまして、今日これから東京に移動です。

 

今日の午後から、東京本社で会議。

 

張り切って向かいたいと思います。

 

さてさて、今回は「当たり前と礼節」について。

 

皆さんは、電話やメール、SNSツールを使ったメッセージ連絡が会った際、どのくらいでレスポンスをしていますか?

 

私は以前、会社で学んだことで、電話の場合は2時間以内、メールの場合((SNSツールを使ったメッセージ連絡もここに含まれるだろう)は24時間以内と学びました。

 

私は基本的にこの鉄則を守るようにしていますが、どうしても電話は2時間以内にレスポンスができないことがあります。

 

でも、必ず連絡を返すようにしています。

 

メールやメッセンジャーの場合も、なるべく24時間以内にレスポンスするようにしています。

 

24時間を超えてしまう場合でも、きちんと連絡を返すようにしています。

 

これまでは、これは「原則」であり、「当たり前」なのだと思っていました。

 

でも最近、その「原則」「当たり前」が崩れつつあるのかな?と感じることが多々あります。(もしかして、「原則」と思っていた私の勘違い?)

 

連絡に対して3日や4日もレスポンスが無かったり、レスポンスが無いことを促すと、軽い感じで「ごめんなさーい」みたいに返されたり。

 

ただでさえ、連絡が無いことに対して不快感なのに、軽い感じで応対されたら、不快感が怒りに変わります。

 

人間だから忘れることはあります、私だってそうですし。

 

だから、忘れないための工夫(当たり前を当たり前に行う工夫)と、もしそうなった時の礼節が大切だと思います。

 

さてさて、昨日のメール返信も終わりましたし、朝食を摂って、東京に向かうとしますか。

 

「礼節」の画像検索結果

 

---------------------------------------

◎弊社代表、「未来をつくる経営者 浅野泰生のブログ」

   http://asanoyasuo.blogspot.jp/

◎弊社取締役、「安江のブログ」

   http://blog.livedoor.jp/patarironeo2/

◎MAP経営の2018年リクルートサイト(弊社全社員のコメントが出ています)

   http://www.mapka.jp/recruit/

---------------------------------------