読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今を生きる

皆様、こんにちは。
「未知を道へ変えていく」、株式会社MAP経営福岡支社の田中です。

www.mapka.jp

 

今日の福岡は、すごくよい天気に恵まれました。

 

昨日は雨だったら、「花粉がいっぱい飛ぶんだろうなぁ」と思いながら、出勤し、先ほどお昼ごはんを食べに出かけ・・・だったのですが、あまり鼻も目もひどくなりません。

 

頭痛とかもしないし。

 

先日食べた海鮮丼であたってしまったのか、お腹がちょっとグルグルしていますが・・・。

 

今年の春は、なんか花粉に反応しなくて、絶好調です!

 

このまま1シーズン行ってもらいたいものです。

 

さてさて、今日のテーマは「今を生きる」について。

 

昨日の夜、ちょっと時間ができたので、毎週末の日課になっている「カンブリア宮殿」を前倒しで見ていました。

 

レオス・キャピタルワークス社長の藤野英人氏。

 

ひふみ投信のファンドマネージェーで、実績がすごいというところから、資産運用のカリスマとも言われているらしい。

 

その藤野氏、資産運用のカリスマといわれるには理由があって、投資信託をする際の分散投資ポートフォリオ)の組み合わせが絶妙で、全国の企業を調節訪問して回って、社長の話を聞いたり、現場を見たりして、自分の目で判断して、ここは投資をしても良いかどうかを決めているらしい。

 

必ずしも大企業ではなく、地方の企業も投資先には名を連ねているそう。

 

その藤野氏いわく、成長する企業かどうかを見分けるポイントがいくつかあり、そのうち3つが番組内で紹介されていた。

 

「晴れなのに傘立てが傘だらけの企業は成長しない」

「社内がスリッパ履きの企業は成長しない」

「社長の自伝を手渡しする企業は成長しない」

 

特に一番最後の「社長の自伝を手和紙する企業は成長しない」に、私は「なるほど~」と思いました。

 

社長の自伝を手渡ししてそれについて話すということは、つまり経営者が「今」を生きていないということ。

 

「今」を生きている人は、いまやっていることや将来やりたいことを話すはず。

 

過去のことばかり話す人より成功する確率は高い。

 

過去も大事ですが、これから混迷を極める時代にどうしていくのか、そこを自ら語る経営者とそうでない経営者では、えらい違いでしょうね。

 

私も、つねに「いまやっていること」「将来やりたいこと」を語っている経営者になりたいです。

 

f:id:mr_ryotan3:20170303125532p:plain

 

---------------------------------------

◎弊社代表、「未来をつくる経営者 浅野泰生のブログ」

   http://asanoyasuo.blogspot.jp/

◎弊社取締役、「安江のブログ」

   http://blog.livedoor.jp/patarironeo2/

◎MAP経営の2018年リクルートサイト(弊社全社員のコメントが出ています)

   http://www.mapka.jp/recruit/

---------------------------------------