読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

運命 Part②

皆様、こんにちは。
「未知を道へ変えていく」、株式会社MAP経営 福岡支社の田中です。

www.mapka.jp

 

今日は、鶴岡八幡宮に行ってきました。

 

三が日ということもあって、すごい人!

f:id:mr_ryotan3:20170103184630j:plain

 

並び始めてから拝殿まで、1時間かかりました。

 

無事に初詣でをすませて、鎌倉あたりをプラプラして、実家に帰ってきました。

 

さてさて、昨日のブログ「運命」の続き。

 

昨日のブログでも書きました通り、「運命」とは、所ジョージさんが言うように、「一生懸命考えれば答えは分かるのに一生懸命考えることを辞める時に使う」ような言葉ではない。

 

「なんでこういう結果になったのだろう」と起こった結果の原因を考えるときに、考えることを辞めてしまって「運命」という言葉で済ませるような、そんな言葉ではない。

 

物事の結果には、必ず原因があるはず。

 

そうなってくると、「運命」とは一体何なのか? 私にとっての「運命」とは?

 

いろいろと考えました。

 

辞書を引いてみると、「運命とは、人間の意志を超越して人に幸、不幸を与える力。また、その力によってめぐってくる幸、不幸のめぐりあわせ」と書かれていたものの、私なりの解釈は・・・。

 

「命を繋いでいくこと」

 

「運命」という言葉は、「運ぶ」という漢字と「命」という漢字で構成されています。

 

「運ぶ」とは、「AからBにモノを移す行為」のことを言います。

 

だから「運命」とは、「自分の命を誰かや何かに移す」ことを指すのではないかと考えました。

 

だから「命を繋いでいくこと」。

 

いまの私の運命は、プライベート面では、今年5月に産まれてくる子供を大切に育てて縁を紡いでいくこと、そして、仕事の面では、福岡支社長としての仕事を全うして、次の福岡支社(という法人の一部署としての命)の責任者を育てて繋げていくこと。

 

「この運命をきちんと全うしよう」と改めて思いました。

 

なんか説教っぽくなっちゃったけど、自分なりに思ったことを書いてみました。

 

---------------------------------------

◎弊社代表、「未来をつくる経営者 浅野泰生のブログ」

   http://asanoyasuo.blogspot.jp/2016/04/blog-post.html

◎弊社取締役、「安江のブログ」

   http://blog.livedoor.jp/patarironeo2/

◎MAP経営の2018年リクルートサイト(弊社全社員のコメントが出ています)

   http://www.mapka.jp/recruit/

---------------------------------------