読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お客様対応

皆様、こんにちは。
「未知を道へ変えていく」、株式会社MAP経営 福岡支社の田中です。

www.mapka.jp

 

さて、今日からまた新たな1週間が始まりました。

 

今週は、月曜日&火曜日が広島、水曜日&木曜日が沖縄、そして金曜日が大阪と、移動しまくりの1週間です。

 

朝晩寒くなってきましたので、体調管理に気を付けて、1週間走り切りたいと思います。

 

皆様、どうぞ宜しくお願い致します。

 

さて、今日は月曜日と言うこともあって、皆さん事務所にいらっしゃるかなと思い電話をしているのですが、いつもお電話をしていると感じることがります。

 

事務所にお電話する時に、だいたい最初に出られるのはスタッフの方です。

 

そのスタッフの方の声の感じを聞いただけで、なんとなくその事務所の雰囲気や、所長先生が明るい方なのか、それともそうでない方なのかが分かります。

 

気持ちの良い応対をして下さるスタッフの方が電話に出られた際は、だいたい所長先生も明るくご対応頂けます。

 

一人の営業の私に対しても明るくご対応いただけるのですから、大変嬉しい限りです。

 

なかには無愛想な対応を頂く方もいらっしゃいます。

 

もちろん私が営業だったり、出入りしている業者だと思われて、そのようなご対応をされるのでしょうから、別に私は何とも思いません。(もちろん良い気持ちにはなりませんが、悪い気持ちにもなりません。割り切ってますから。)

 

でも、以前、こんなことがありました。

 

ご訪問させて頂いた事務所で、恐らく出入りの業者だと思われたのでしょう、「いま所長はいません」とスタッフのご対応いただいたのですが、ご訪問させて頂いた理由をお話しし、事務所を出て帰ろうとすると、「あっ、所長いました」と慌てて追いかけてくるスタッフの方がいました。

 

正直、この時は「何なの??」と思いました。

 

この方の中で、最初は「営業」「業者」と思っていたものが、理由を聞いて「お客様」に変わったのでしょうね。

 

割り切るのは割り切るで構いませんが、対応は首尾一貫していてほしいものです。

 

途中で対応が180度変わると、あまり良い気分にはなりません。

 

私は、お客様によって対応の仕方が変わることが無いように(特に表情に出やすいタイプなので、表情に出ないように)、気をつけたいと思います。

 

--------------------------------------

◎弊社代表、「未来をつくる経営者 浅野泰生のブログ」

   http://asanoyasuo.blogspot.jp/2016/04/blog-post.html

◎弊社取締役、「安江のブログ」

   http://blog.livedoor.jp/patarironeo2/

◎顧問先の年商を2年で2倍にするMAS指導成果のつくり方(10月18日/広島)

   http://www.mapka.jp/seminar/20161018_hiroshima

◎若手会計人による、未来会計業務実例公開セミナー(10月25日/熊本)

   http://www.mapka.jp/seminar/20161025kumamoto

◎今回は「プレゼン」がテーマ! 西日本支部MAPサロン(11月11日/福岡)

   http://www.mapka.jp/seminar/20161111_fukuoka_salon

◎アライアンス企業/アチーブメント株式会社様開催セミナー(10月21日/福岡)

 組織を一枚岩にする採用と育成技法 - 時代を勝ち抜く!強いチームの作り方

   http://contact.achievement.co.jp/monolith/

--------------------------------------