読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「応援」するということ

 皆様、こんにちは。

「未知を道へ変えていく」、株式会社MAP経営 福岡支社の田中です。

www.mapka.jp

 

今日は、第一月曜日のため、「全社会議」の日。

 

そのため、昨日から東京に来ています。

 

東京の暑さは、福岡と比較すると、気温はそんなに変わらないのですが、「重たい」って感じの暑さですね。

 

福岡はカラッとした暑さですが、東京はジメッとした暑さのため、まとわりつく感じがします。

 

東京にいた時代、この暑さの中、よく頑張っていたなぁと考えてしまいました。

 

さて、5月から全社会議の日の午前中に開催されてきた、井上敬一先生のコミュニケーション研修(全3回)も、今回が最終回となりました。

inouekeiichi.net

 

今回も、コミュニケーションのいろいろなメソッドを教えいて頂きましたが、一番今回の研修で私が印象に残ったのは、「応援」。

 

「応援」と「声援」は、似て非なるもの。

 

井上先生は、ハッキリと仰られました。

 

「行動が伴っていなければ、それは応援とは言えない。単なる声援でさる。『何かあったら言ってね』という言葉は、冷たいものである。本当にその人のことを思っているなら、そんな言葉は出ないはず。行動が伴うはずである」

 

ともすると、「私には何もできないけれど、応援はしますよ」という言葉、掛けてしまうことありますよね。

 

改めて考えさせられました。

 

井上先生には、9月のNN構想の会全国大会の分科会で講演を頂く予定になっていますので、ぜひぜひ皆様ご参加頂き、お聞きになってください。

 

-----------------------------------
■「未来をつくる経営者 浅野泰生のブログ」
   http://asanoyasuo.blogspot.jp/2016/04/blog-post.html

■経営計画業務で年商1億円を達成する「業務標準化」の秘訣とは
  (広島会場/7月19日開催)http://www.mapka.jp/seminar/20160719_hiroshima

■あんしん経営をサポートする会の賛助会員、株式会社マネーフォワード様
 辻庸介社長も登壇、「クラウド活用で実現できる一歩先の会計業務とは?」
   https://biz.moneyforward.com/info/seminar/cloud/

■あんしん経営をサポートする会の賛助会員、アチーブメント株式会社様
 青木仁志社長の著書「こころに響く話し方」文庫本出版記念講演会
   http://shop.achievement.co.jp/products/detail.php?product_id=514
-----------------------------------