なぜ、「Do」が弱いのか?

皆さん、こんにちは。株式会社MAP経営(http://www.mapka.jp/)の田中です。


さて、梅田でお客様とお食事をして今日の1日の活動が終了。鉄板焼き&お好み焼き屋さんだったのですが、すごく美味しかったです。話も非常に盛り上がり、とても有意義な1日でした。


さて、Facebookである方とやりとりをしている中で、改めて気付いたことがあります。


「Plan-Do-Check-Action」の中で1番重要な部分はどこか?


やっぱり「Do」なんですよね。


何事においても「決めた事柄をやりきる」ということが、私も感じていることですが、なかなか難しいものです。


きちんと「やりきる」ために必要なことは何か?


「Plan」で、いかに行動レベルをイメージしながら計画づくりができるかですね。


行動イメージができないPlanは、作ったとしても計画倒れになってしまう。痛切に感じています。


もっと、日々の活動の計画をちゃんと作らないとダメだなぁ。